◎Arcturus UAVが垂直離着陸装置付き固定翼無人機を初公開

Arcturus UAV 2014年04月23日

From 共同通信PRワイヤー

◎Arcturus UAVが垂直離着陸装置付き固定翼無人機を初公開

AsiaNet 56559
共同JBN 0449 (2014.4.23)

【ロナートパーク(米カリフォルニア州)2014年4月22日PRN=共同JBN】Arcturus UAVは22日、同社の固定翼無人機(UAV)T-20型、T-16 型の両機種用として、新しい垂直離着陸システムのJUMP(商標)を初公開した。

ビデオ: (リンク »)

Arcturus UAV(Arcturus UAV)のドミーロ・ハラーバーグ社長は「これは小型無人航空機の歴史中で画期的な出来事である。無人機にとってJUMP(商標)は、スマホにとってのタッチスクリーンと同じだ」と語った。

垂直揚力モーターと回転翼を取り付けたブーム(支材)は両翼に搭載されて、離着陸のための垂直方向揚力を供給する。垂直揚力用モーターは、水平飛行の際は停止され、プロペラ翼はドラッグ(翼、機体にかかる抗力による減速)を最小限に抑えるため、縦方向にフェザリングされる。固定翼飛行への移行はLatitude Engineering社のHybrid-Quadrotor technology(ハイブリッド4回転翼技術)を利用したPiccolo式オートパイロット・システムによって実行される。フライトコントロールは全て完全自動である。Arcturus JUMP(商標)は、固定翼機として優れた航続距離と航続時間を維持しつつ、クワッドローター(4回転翼)機の多機能性の全てを確保する。

Arcturuの無人機に装着されるJUMP(商標)には特別の離陸用装置は必要とせず、離着陸用の滑走路も必要としない。JUMP(商標)は技術要員2人だけで簡単に持ち運びし、運用することができる。JUMP(商標)は現場で15分以内に準備完了し飛行態勢に入れる。同社は現在JUMP(商標)の注文を受け付けている。

ハラーバーグ社長は「JUMP(商標)はわくわくするような無人機(UAV)技術の有用性をさらに高めている」と語った。

Arcturus UAVはカリフォルニア州北部に所在する小型戦術無人航空機市場の先進的企業の一つである。同社は国境警備用、航空地図作製用、捜索・救難用、国防用の先進的無人航空システムを設計、製造している。

▽問い合わせ先
Steve Smith 4
+1-707-293-0291
+1-707-293-0291
Director of Application Engineering
SteveS@arcturus-uav.com
(リンク »)

ソース:Arcturus UAV

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]