◎Kenshooがアジア太平洋日本地域に事業を拡張。新設オフィスにローカル言語でプラットフォームを提供

Kenshoo 2014年04月30日

From 共同通信PRワイヤー

◎Kenshooがアジア太平洋日本地域に事業を拡張。新設オフィスにローカル言語でプラットフォームを提供

AsiaNet 56633

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


Kenshooがアジア太平洋日本地域に事業を拡張。新設オフィスに新スタッフが加わりローカル言語でプラットフォームを提供

デジタルマーケティングのリーディングカンパニーがシンガポールにオフィスを開設しチームを増強。製品のローカライズを開始

シンガポール、2014年4月30日―Kenshoo (www.Kenshoo.com)予測的メディア最適化テクノロジー世界最大手のKenshooは、統合的な検索・ソーシャルマーケティングテクノロジーに対する需要の急増を受け、中国、日本、東南アジアへの事業拡張を急速に進めていることを本日発表しました。

(Logo: (リンク ») )

Kenshooは中国語および日本語版のプラットフォームの提供を開始します。これにより、中国・日本市場の有力企業や広告代理店は検索・ローカルソーシャルマーケティングツールのローカライズ版を段階的に使えるようになります。さらにKenshooは既存の香港、東京、シドニーに加えてシンガポールにもオフィスを新設し、アジア太平洋日本(APJ)地域の広告代理店や広告主へのより充実したサービスを提供します。

また、中国市場支援のための製品強化策の一環として、KenshooActiveClusterテクノロジーを中国最大の検索エンジンである「百度(バイドゥ)」に対応させます。Kenshooの百度との統合は既に2010年に始まっており、さまざまなキーワード入札最適化ポリシーを提供することで、地域内および世界中の広告主による中国の消費者からのインテント収集に役立っています。Kenshooはまた、日本最大の検索エンジンであるYahoo! Japanにキャンペーン管理機能を提供しています。

APJ全域にわたって、Kenshoo顧客の検索連動型広告支出額は2014年度の第一四半期の前年比で19%上昇し、顧客の収益は34%増加しました。この数値はKenshoo Global Search Trends調査で発表されたもので、地域内の30億件以上の広告を調査した結果です。KenshooはFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークにも高度なテクノロジーソリューションを提供しており、 Kenshoo Search and Social Snapshotの報告にあるように、全世界のソーシャル広告費支出は第一四半期で37%増加しました。

KenshooのAPJ地域担当マネージングディレクター、Michel Van Woudenberg,氏は「東南アジア、中国、日本では検索・ソーシャル広告が飛躍的に成長しています。そのためKenshooはその需要を満たすために当初の予定より速く事業を拡張しています」と言っています。さらに同氏は「この地域の有力企業や広告代理店にKenshooの現地言語プラットフォームをお使いいただければ、より深くマーケット内に入り込むことが可能になり、デジタルマーケティングを一層推進する力になるでしょう。これらの大規模な投資の他にも、中国本土で現地のリソースを追加し、顧客の成功をより一層強力に支援していきます」と続けました。
  
Kenshooはこのたび、Facebook JapanおよびFacebook Australiaの前取締役であるLiam Walshを東南アジア全域の検索・ソーシャル営業部門のトップに迎えました。同部門のハブはシンガポールに置かれ、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイを担当します。Kenshooはこのほど、 Taipei Digital Advertising (All Products)、Accuen Australia、Mindshare Malaysia、ebay Australiaを初めとするAPJ地域内の主要な企業や広告代理店との提携契約を結びました。この地域内での成長は、Kenshooが最近発表したSeries E fundraising led by Bain Capital Venturesに続くものです。

「検索・ソーシャル市場で最高のデジタルマーケティング技術を提供し、広告主と消費者をより効率的につなげることに注力するのが当社の戦略です」とVan Woudenberg氏は言います。「デジタルマーケティングの次の潮流は、マルチタッチアトリビューションとクロスチャネル予測になるでしょう。それにより、消費者が複数のデバイスを使って商品を購買をするまでの、ウェブ上のすべての行動をモデル化することが可能になります。Kenshooは既にこの分野の技術における第一人者で、この技術が地域内ですぐに広まると予想しています。」

KenshooはこのたびKenshoo Anywhereモバイルアプリの提供を開始しました。これは、マーケターがキャンペーンの成果をリアルタイムで監視できるようにするアプリで、同時にHalogenテクノロジーを使用した最初の製品です。これにより予測モデリングと高度なシナリオの想定が可能になります。また、SmartPathソリューションがダイナミックなアトリビューションも実現します。


Kenshooについて

Kenshooは、クラウドベースのデジタルマーケティングソリューションと予測的メディア最適化テクノロジーを開発しているグローバルなソフトウェア企業です。Kenshoo Search、Kenshoo Social、Kenshoo Local、Kenshoo SmartPath、Kenshoo Halogen を利用する有力企業、広告代理店、デベロッパーは、そのプラットフォームを通して年換算で2000億ドルを超えるオンライン顧客売上を上げています。Kenshooは、Facebook、FBX、Twitter、Google、Bing、Yahoo、Yahoo Japan、Baidu、CityGridを対象とする広告のネイティブAPIソリューションを備えた、唯一のFacebook戦略的認定マーケティングデベロッパーです。Kenshooは190か国以上におよび、フォーチュン50社のほぼ半分の企業、および世界トップ10の広告代理店ネットワークすべてについて、そのキャンペーンをサポートしています。Kenshooのクライアントは、CareerBuildere、eBay Enterprise、Expedia、Facebook、KAYAK、Havas Media、iREP、John Lewis、Resolution Media、Sears、Starcom MediaVest Group、Tesco、Travelocity、Walgreens、およびZapposなどです。Kenshooは世界に23の拠点があり、Sequoia Capital、Arts Alliance、Tenaya Capital、Bain Capital Venturesによる支援を受けています。詳しくは、www.Kenshoo.comにアクセスしてください。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]