◎EXPO Solar 2014は9月17-19日、韓国のKINTEXで開催へ

EXPO Solar 2014 Exhibition Bureau 2014年04月30日

From 共同通信PRワイヤー

◎EXPO Solar 2014は9月17-19日、韓国のKINTEXで開催へ

AsiaNet 56626
共同JBN 0478 (2014.4.30)

【ソウル2014年4月29日PRN=共同JBN】
 *EXPO Solar 2014は中国、日本、韓国の市場に直接OEM各社の販売のチャンスを提供する。
 *アジア、中東から2000人のバイヤーが訪れる見込み。

EXPO Solar 2014(www.exposolar.org)はバランスのある需要供給が期待される時代にあって、中国、日本、韓国というアジアトップの太陽光発電(PV)市場に参入する機会を提供し、韓国・京畿道の韓国国際展示場(KINTEX)で9月17-19日の3日間開催され、20カ国から約300の企業が参加する。海外からの多くのバイヤーを含めて、約2万5000人の訪問客が訪れる見込みである。

 (Photo: (リンク ») )

EXPO Solarは今年もアジアで開かれる各種展示会の中でも、販売とコンサルティングに最善の機会を与える。昨年は、参加した世界の代表的なPV企業の間で商談が成立した額は9億ドルに達した。参加企業は、韓国のSTX Solar 、Hanwha Q-Cells、ドイツのSchmid およびRENA、日本の日清紡(日清紡メカトロニクス)、中国のTianwei New Energy Holdings、米国のPower-Oneなど。特にPV業界が成長の新段階に入るだろう今年下半期には、世界の多数のソーラーパネル製造機器メーカーや韓国の有力企業が、日本の10GW太陽光発電市場に一枚加わることを期待して製品を展示する。

EXPO Solar 2014は、中国、米国などより基盤が固まった市場からのバイヤーとともに、PVシステムが後発であるインド、ヨルダン、メキシコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)とともに東南アジアなど発展途上国からも多くのバイヤーが参加する。

PV World Forum 2014とともに各種のセミナーや会議も同時に開催される。10カ国の約30人の専門家が、業界の当たり年となる見込みの2015年に向けて、PV業界の動向・展望について講演する。

▽EXPO Solarについて
EXPO Solar 2014(www.exposolar.org)は、韓国とアジアの太陽光発電(PV)市場にアクセスする最高のシングルソースの機会であり、アジアのプレーヤーとの相応の交流の場となる。EXPO Solar 2014は韓国・京畿道の韓国国際展示場(KINTEX)で、2014年9月17-19日に開かれる。

EXPO Solar 2014に関する詳しい情報はwww.exposolar.orgを参照。

ソース:EXPO Solar 2014 Exhibition Bureau


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]