オーストラリア・クイーンズランド州政府主催「究極のギャップイヤー!」コンテスト応募受付開始のお知らせ

オーストラリアクイーンズランド州政府 駐日事務所 2014年05月07日

From 共同通信PRワイヤー

2014年5月7日

オーストラリア・クイーンズランド州政府駐日事務所

オーストラリア・クイーンズランド州でのギャップ・イヤー・コンテストに応募しよう!

オーストラリア・クイーンズランド州政府では、2014年5月31日まで「クイーンズランドでの究極のギャップイヤー!」という1年間のオーストラリア留学および有給インターンシップをプレゼントするコンテストへの応募を受け付けております。

日本の若者に、クイーンズランド州の自然と教育環境をアピールしていただく「クイーンズランド州留学大使」として、往復航空券、留学費用、インターンシップ費用、滞在費などがプレゼントされます。留学大使に選ばれると、2014年9月から1年間、クイーンズランド州のケアンズ、ヌーサ、ブリスベン、ゴールドコーストなど各地での留学体験とブリスベン地区企業での有給インターンシップを経験できます。また1年間のあいだ、ブログやビデオなどを制作して、クィーンズランド州の魅力発信にご協力いただきます。

このコンテストは、日本の他に、韓国、台湾、コロンビア、ブラジルでも同時に開催されています。各国から1名ずつ、計5名の特賞当選者に総額300万円相当の留学+インターンシップ体験パッケージがプレゼントされます。さらに10名分ほど、2等と3等の特典も用意されており、これには英語コースや無給インターンシップなどのプレゼントが提供されます。

このコンテストはクイーンズランド州政府が主催するものであり、ブラジルの『ハロー・オーストラリア』、コロンビアの『グローバル・コネクション』、日本の『オーストラリア留学センター』、韓国の『パーカー&スチール』、また台湾の『Jris・エデュケーション』の協力のもと開催されております。

応募方法は、公式Facebookページ (リンク ») (日本語対応)に「いいね」を押した後、応募フォームにある動画のリンク記入欄にYoutubeにアップをした「この1年間をどのようにご自身のキャリア向上に役立てたいか」「クイーンズランド州の魅力をどのようにアピールしたいか」という内容を盛り込んだ動画のリンクを記入していただくだけです。友達から、ソーシャルメディアなどを通して動画に投票(Vote)していただくコンテストです。

応募資格は、2014年3月21日の時点で18歳から30歳で、オーストラリアのワーキングホリデービザを取得できる方です。応募締め切りは5月31日、当選者の発表は6月14日、実際の留学プログラム開始は9月を予定しています。

グローバルに活躍したい日本の若者、海外留学を目指している学生、キャリアアップの契機を求める若手社会人の皆様にとって、貴重な機会となるはずです。たくさんのご応募をお待ちしております。

「クイーンズランドでの究極のギャップイヤー!」コンテストの詳細はこちらから
(リンク »)

クイーンズランド州政府駐日事務所
駐日代表 安達 健



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]