◎Seabury: 空輸から海上輸送へのシフト「顕著」

Seabury 2014年05月08日

From 共同通信PRワイヤー

◎Seabury: 空輸から海上輸送へのシフト「顕著」

AsiaNet 56689

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

Seabury: 空輸から海上輸送へのシフト「顕著」

アムステルダム、2014年5月8日/PRニュースワイヤー/ --

新たな調査で、輸送コンサルティング社のSeaburyが、空輸から海上輸送へとシフトが実施されていることを発見しました。新しいコンテナ技術がこのトレンドに貢献していきます。


     (ロゴ: (リンク ») )

      (写真: (リンク ») )

「10年前、トマトは、冷凍コンテナに入れられるか、もしくは空輸されるものでした。今日では、トマトはほぼ全てコンテナで輸送されています。その他多くの生鮮食料品についても同じことが言えます」と本レポートを作成したSeaburyの海洋部門アドバイザーDerek Brand氏は言います。

1年で100,000TEU(20フィートコンテナ換算)が、飛行機の代わりに海洋貨物船で輸送されています。今回のシフトは特に、トマト、唐辛子、鮮魚、レタス、パイナップルのような特定の生鮮食品で顕著となっていますが、それだけに留まりません。

「海洋輸送にシフトした量は、空輸産業にとって非常に顕著となっています」とDerek Brand氏は言います。

仮に2000年以降モードシフトがなければ、5.4メートルトンの貨物は、いまだ海ではなく空で輸送されていました。空輸は年平均成長率4.5%であったところが、2.6%の成長に留まっています。
「スター・クールCA等のCAコンテナの新技術は、このトレンドをさらに促進する潜在性を秘めています。成熟過程を遅らせるCAの性能は、長距離貿易ルートによっては、空輸に対し発展しうる代替方法として、海上輸送の道を開拓します」とBrand氏は付け加えます。

スター・クールCAの生みの親、マースク・コンテナ・インダストリー(Maersk Container Industry、MCI)にとって、今回のシフトはポジティブな発展となります。

「新たな取引が開拓されると、弊社の顧客は自らのビジネスを拡大することが可能となります。それに加え、空輸と海上輸送を比較する際、二酸化炭素排出量を50倍低減します」とMCIのセールス&マーケティング部門Anders Gamborg Holm氏は言います。「弊社は、現時点で5年間CA市場に出ています。信頼性があり、値段も手ごろで、更なる進出を遂げると予測しています。」

Seaburyについての要約分析:
(リンク »)

写真とグラフィックス:
以下にアクセスすると、低解像度の写真、ロゴやグラフィックが閲覧できます。高解像度で同じ画像をダウンロードするには、以下をご覧ください。
www.mcicontainers.com/AboutUs/News/NewsAndPressReleases/Pages/SeaburyShiftfromairplanetoseatransport.aspx

情報源: Seabury


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]