amsのカラーセンサ・モジュール、スマートフォンやタブレットに新たなインテリジェント・ディスプレイマネジメントを提供

ams 2014年05月12日

From DreamNews

ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都品川区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、業界初の照度/カラー(RGB)/近接センサを統合した製品、「TMD3782」デジタルセンサを発表しました。この製品は、ダークガラス越しの動作に最適化されており、モバイルデバイスにおけるインテリジェントなディスプレイマネジメントの適応を可能にします。

TMD3782光学モジュールは、スマートフォンやタブレット向けに理想的な製品です。TMD3782に統合されたセンサは、周辺光の輝度(lux)と色味を計測し、その計測結果に応じてモバイルデバイスが、ディスプレイの色合いと輝度を自動的に調整することで、最高の視覚体験と省電力化を実現することができます。

現在では、高解像度ディスプレイはモバイルデバイスの標準機能となっており、蛍光灯、白熱灯、日光などさまざまな光環境下での動作における正確な色合いと輝度を実現することが不可欠となっています。TMD3782のオンチップフィルタは、紫外線や赤外線の影響を最小限に抑えて、センサの明所視反応を可能にすると共に、光と色の検知精度を向上させています。

この製品は、さまざまな照明環境でユーザの視覚体験を向上させることができ、モバイルデバイスメーカは、本製品を活用することで、エンドユーザを自社のブランドに引きつけることができます。TMD3782は肉眼と同じ方法で光を検知できるため、ディスプレイの輝度と色味をより精緻に制御できます。モバイルデバイスは、照度とカラー検知を組み合わせたこの製品により、より鮮明な表示色を再現できると共に、あらゆる照明環境で優れた視覚体験を提供することができます。

オプトセンサ製品シニアマーケティングマネージャのダレル・ベンク(Darrell Benke)談
「メーカは、TMD3782を採用することで、スマートフォンやタブレットのディスプレイマネジメントにおいてインテリジェンスレベル向上させることができます。お客様は、表示色と明るさを自動調節することで最高の見やすさを実現しているデバイスを選択するでしょう。」

TMD3782は、モバイルデバイスで一般的な高密度のロープロファイル基板への搭載に適した3.9 x 2.4 x 1.4mmのモジュールで、照度/カラー/近接センサ、赤外線LED 、光学レンズを搭載しています。近接センサが内蔵されたセンサは、製品のユーザインターフェイスを簡略化するために利用でき、スマートフォンのタッチスクリーンのオンオフをインテリジェントに制御すること実現します。また、デバイスに内蔵された近接センサは、センサに当たる光がユーザの手や指によって遮られたことを検知することで、タブレットの照度の誤検知を防ぐことができます。近接検知は、工場設定にて距離100mmに調整しています。そのため、OEM先では、生産ラインで近接検知の調整を行う必要がないため、最終製品の製造を簡略化できます。

TMD3782センサのフォトダイオードは、360°モジュールレンズの下に取り付けた際に、最適化な角度応答となるよう放射状に配置しています。また、センサは45°の視野角を実現しているため、広範囲で正確に照明環境の計測を行うことができます。TMD3782センサ割り込み機能は、あらかじめ設定された光と色の計測しきい値を超えるとアプリケーションプロセッサにアラートを発することができるため、連続してポーリングを行う必要がなく、システム全体の消費電力を低減し、バッテリ寿命を延ばすことができます。

価格と供給量
TMD3782光学センサモジュールは、量産中です。詳細は、当社の販売代理店までお問い合わせください。

テクニカルサポート
TMD3782の評価キットをamsよりオンラインで提供します。TMD3782に関するさらに詳しい情報はwww.ams.com/Color-Sensor/TMD3782をご覧ください。


本件に関するお問い合わせ先
ams広報担当:鳥羽
Tel: 03-5269-1038 Email:ams@jspin.co.jp







関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]