難民の故郷の味が明大で学食に~売り上げの一部を難民支援へ~

明治大学 2014年05月14日

From 共同通信PRワイヤー

2014年5月14日

明治大学

難民のふるさとの味が、明大で学食に
Meal for Refugees 5月19日和泉キャンパスからスタート
売り上げの一部は難民支援に

難民のふるさとの味が明治大学の学食に――。
明治大学の和泉キャンパスと中野キャンパスで、難民の故郷の味を伝えるMeal for Refugeesを開催します。和泉キャンパスでは、5月19日~30日、6月16日~27日の計4週間、中野キャンパスでは6月16日~20日の1週間、計6つの国や民族の料理10種を提供。日本で暮らす難民支援のため、一食につき20円を寄付します。
 Meal for Refugeesは、認定NPO法人難民支援協会が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本「海を渡った故郷の味」から生まれた社会貢献プロジェクト。今回の明大での活動は、昨年、本学も会場となった難民映画祭(国連難民高等弁務官駐日事務所主催)にボランティアスタッフとして関わった明大生有志が、難民支援協会の協力を得て実現するものです。
 学生たちは期間中、提供メニューの紹介と共に、日本にいる難民についての啓発活動も実施します。

---
■和泉キャンパス :週替わりメニューを400円で提供
 提供日時:2014年5月19日(月)~30日(金)※土日を除く
          6月16日(月)~27日(金)※土日を除く
      いずれも10:30~(数量限定。売切れ次第終了)

■中野キャンパス :1週間限定の日替わりメニューを340円で提供
 提供日時:2014年6月16日(月)~20日(金)
      いずれも11:00~(1日50食限定)
---



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]