新日鉄住金 高降伏点外法一定H形鋼「ハイパービームVEⓇ/NSYPⓇ345B」が採用拡大中

新日鐵住金株式会社 2014年05月15日

From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(代表取締役社長:進藤 孝生 以下、「当社」)は、設計基準強度を345N/mm2まで高めた490N級鋼の「ハイパービームVEⓇ/NSYPⓇ345B」を、関西地区に新設される「SGリアルティ舞洲」、「(仮称)ニチレイ・ロジスティック関西 咲洲物流センター」などの物流倉庫で受注致しました。いずれも本鋼材を梁に採用することで、より経済的で、高い耐震性を確保した設計が可能になりました。

<採用プロジェクト概要>
■SGリアルティ舞洲
・所在地:大阪市此花区北港白津2-1-22
・建築規模:延床面積111,798平方メートル、地上6階建
・構造:S造
・施主:SGリアルティ株式会社
・設計・施工:株式会社熊谷組

■(仮称)ニチレイ・ロジスティック関西 咲洲物流センター
・所在地:大阪市住之江区南港中
・建築規模:延床面積35,446平方メートル、地上6階建
・構造:柱RC梁S造/免震構造
・施主:株式会社ニチレイロジグループ本社
・設計・施工:清水建設株式会社

「ハイパービームVEⓇ/NSYPⓇ345B」は建築構造用圧延鋼材(JIS G3136)SN490Bよりも設計基準強度F値を20N/mm2高めた490N級のハイパービームⓇで、鋼材重量を従来比約5%低減することが可能であり、2012年9月の初出荷以来、物流倉庫を中心に9件(累積販売量:約1.5万トン)の建物に採用されております。
当社は、建築構造用圧延鋼材(SN鋼)と同等の塑性変形性能を有するとともに、経済性に優れ、高い耐震性を確保した設計が可能となるなど多くの利点を持つ高降伏点外法一定H形鋼の提供を通じて、社会基盤整備をはじめ国土強靭化にも貢献して参ります。

※「ハイパービーム」「ハイパービームVE」「NSYP」は、当社の登録商標です。


(お問い合わせ先)
総務部広報センター TEL:03-6867-2146
建材開発技術部建築建材技術室 TEL:03-6867-6385
大阪支社 建材開発技術室 TEL:06-6220-5786
以 上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]