ハネウェル、業界初となる「NANOPOWER(ナノパワー)異方性磁気抵抗センサIC」を発表

ハネウェルジャパン株式会社 2014年05月21日

From ValuePress!

ハネウェルは、業界初の超低消費電力=ナノパワー(360nA)で最高レベルの磁気感度(標準7ガウス)を実現する、「Nanopower(ナノパワー)異方性磁気抵抗センサIC」を発表しました。

ミネアポリス/東京 - 2014年5月21日 - ハネウェル (NYSE:HON)は、業界初の超低消費電力=ナノパワー(360nA)で最高レベルの磁気感度(標準7ガウス)を実現する、「Nanopower(ナノパワー)異方性磁気抵抗センサIC」を発表しました。Nanopower異方性磁気抵抗センサICは、現在幅広く使用されている他の磁気技術と比べ、お客様の製品設計に様々な利点を提供します。

新しいNanopowerシリーズ磁気抵抗センサICは、リードスイッチより小型かつ高耐久性および高信頼性で、同等の感度を同程度のコストで提供します。Nanopowerシリーズは、非常に低い電力条件や大きなエアギャップといったニーズを満たす必要からこれまでリードスイッチのみが使用可能であったバッテリー駆動デバイス用途に最適です。

ホール効果センサと比較しさらに高い感度性能を持つ新しいNanopowerシリーズ磁気抵抗センサICは、ホール効果センサが検知可能な距離の2倍のエアギャップを検知することができます。この高感度性能によりお客様の最終製品設計の柔軟性を向上し、小型で低強度の磁石を活用できることから製品設計にかかるコストも大幅に低減することができます。

Nanopowerシリーズ磁気抵抗センサICは、水道・ガス・電気メーターや、火災報知器、運動用器具、セキュリティシステム、ポータブル機器、スキャナの他、食器洗浄機や電子レンジ、洗濯機、冷蔵庫、コーヒーメーカーといった白物家電や、病院用ベッド、医薬品調剤キャビネット、輸液ポンプ等の医療機器、そしてノートパソコンやタブレット、コードレススピーカーなどの民生製品等、幅広いバッテリー駆動製品用途に最適です。

ハネウェル センシング&コントロール(S&C)製品マーケティング担当部長のジョシュ・エドバーグは、「レアアース価格の急激な上昇を受け、ホール効果センサを使用している設計現場では、磁気材料使用量を低減もしくはより汎用的な磁石材料に変更するなど、設計のトータルコストを削減する方法に苦心していました。さらに設計においては、より小型で、電池寿命を最大化しながら品質と耐久性を向上できるリードスイッチの代替品が求められています。高感度かつナノパワー(超低消費電力)の性能を持つハネウェルの新しいNanopowerシリーズ磁気抵抗センサICは、このようなバッテリー駆動用途に理想的な製品です。」と述べています。


Nanopowerシリーズは、次の2種類の磁気感度を取り揃えています:

超高感度 SM351LT:
標準7ガウス駆動、最大11ガウス駆動。非常に低い電流引き込み(標準360 nA)

高感度 SM353LT:
標準14ガウス駆動、最大20ガウス駆動。非常に低い電流引き込み(標準310 nA)


また、本製品は両極検知性のためN極・S極のいずれにも反応し、磁気極性を特定する必要がないため実装を簡素化でき、システム費用の低減に寄与します。さらにプッシュプル(CMOS)出力は外部抵抗を必要としないため、操作をより簡単にし、高い費用効果を実現します。また非チョッパー安定化型の設計を採用することで、センサが生成する電気ノイズを除去します。Nanopowerシリーズ磁気抵抗センサICは、超小型SOT-23表面実装部品パッケージを採用し、テープまたはリール(リール当たり3000ユニット)で提供されており、多くのリードスイッチより小型で、ピックアンドプレース式自動化装置を使用した実装にて製造コストの低減が可能です。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ハネウェルジャパン株式会社
TEL:03-6730-7208

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]