◎Simbionixが血管内処置訓練の製品内容拡大

Simbionix USA Corporation 2014年05月22日

From 共同通信PRワイヤー

◎Simbionixが血管内処置訓練の製品内容拡大

AsiaNet 56821
共同JBN 0561 (2014.5.22)

【クリーブランド(米オハイオ州)2014年5月22日PRN=共同JBN】血管内医療プログラムが訓練カリキュラムの不可欠な一環としてシミュレーションに対応する例が増えているため、シミュレーション・ソリューションには継続的で一貫した需要がある。Simbionixは患者の安全を改善し、臨床結果を向上させるため、より多くの臨床医の実地訓練を強化する2つの新プラットフォーム、2つの訓練モジュールを提供する。

    (Logo: (リンク ») )

Simbionixの血管処置訓練用の訓練ソリューションであるANGIO Mentor(商標)ファミリーの製品は、血管内スキルと完全な処置を実習できるシミュレーション・プラットフォームを提供する。

ANGIO Mentor Flexはウルトラポータブルの訓練ソリューションで、現実的なシミュレーションと実際の処置の触覚感を提供する。ケースにしまえるので、航空機の持ち込み重量制限内で飛行中の手荷物としてチェックインできる。コンパクトな設計と敏速なセットアップでこのプラットフォームは遠隔地での会議には理想的である。

新しいポータブル・プラットフォームは最近発売されたANGIO Mentor Suite定置プラットフォームに加わるもので、こちらにはインターベンション・チーム向けの現実生活設定を可能にする5つのアクセスポイント、人間工学的設定、大型モニターが含まれている。

ANGIO Mentor FlexとANGIO Mentor Suiteは完全な後方互換性がある。それぞれがさまざまな訓練シナリオを提供する19の異なる処置モジュールを含め、ライブラリー全体をどちらのシステムでも操作できる。

新プラットフォーム用にSimbionixは経橈骨冠動脈インターベンション・モジュール(Transradial Coronary Intervention Module)と心エコー法による経中隔穿刺モジュール(Transseptal Puncture Module)の2つの先進的な新アプリケーションを導入する。

経橈骨法の人気と安全性が高まり、多くの実習医が経橈骨カテーテルの訓練をまだ受けていないため、この方法へのシミュレーションの利用には関心が高い。これらの処置には経大腿処置と異なるスキルセットが必要であり、この技術に伴う急上昇カーブの学習が必要である。

経橈骨冠動脈インターベンション・モジュールは、曲がりくねった鎖骨下、上腕ループ、CARGなど冠動脈血管造影と経橈骨法を使ったインターベンションのさまざまな難しい解剖学、シナリオを提起している。このモジュールは適切な装置の選択と技術、それにけいれん、穿孔などの合併症との折り合いのつけかたで臨床医を訓練する。

経中隔穿刺は先進的な心臓処置に必要であり、高度に求められるスキルだとみなされている。経中隔穿刺に心エコー法誘導を使うことは心臓構造のよりよい画像化を可能にし、合併症率を低下させる。

経中隔穿刺モジュールによって学習者は心房中隔の穿刺による左心房アクセスを実習することができる。シミュレーション中に心臓タンポナーデや大動脈穿刺など生命を脅かす合併症が起こるかもしれない。

Simbionixの経中隔穿刺モジュールはリアルタイムのICE(心臓内心エコー法)シミュレーションを含む唯一の入手可能なモジュールである。心臓医はICEを操作し、心エコー法の画像を解読する方法を学ぶ。モジュールにはTEE(経食道心エコー法)シミュレーションも含まれている。

Simbionixのラン・ブロンステイン社長兼最高業務責任者(COO)は「Simbionixは特定の処置を実施するという点でも、実施される状況についても実生活の経験に忠実であることを確保するため、完全な処置環境をその製品に組み込んでいる。すべてのソフトウエア・モジュールはどのハードウエア・コンフィギュレーションでも使用でき、クライアントはコストと能力の面で最大限の柔軟性を得られる」と語っている。

パリのEuroPCR(5月20-23日)で同社の最新追加製品を経験してほしい。またSimbionixはラスベガスで5月28-31日に開催されるSCAI 2014科学セッションのシミュレーション・プログラムにも参加する。

Simbionix USA Corporationは医療専門家と健康管理業界向けのシミュレーション、訓練、教育製品の世界で有力なプロバイダーである。同社は高品質の製品の提供、臨床性能の前進、処置結果の最適化にコミットしている。

(リンク ») 、Facebook、Twitter、LinkedInを訪れてほしい。

▽問い合わせ先
Rebecca Levy, Manager of Marketing Communications,
rebecca@simbionix.com, +1-216-2292040

ソース:Simbionix USA Corporation

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]