CUCMコラム04「帯域幅とQoS」

ディーアイエスソリューション株式会社 2014年05月29日

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長 小川 仁司 以下:DSol)は吉政創成株式会社 代表取締役 吉政忠志氏によるユニファイドコミュニケーションコラム(CUCMコラム)「帯域幅とQoS」のバックナンバーを公開しました。

###
コラムの第四回はユニファイドコミュニケーション・システムの関連でTelepresenceやテレビ会議システムを検討するときに出てくる「帯域幅とQoS(Quality of Service:キューオーエス)についてご説明します。

そもそも「帯域幅」とは何でしょうか?

「帯域幅」の正式な名称は「周波数帯域幅」のことを指しています。「周波数」でピンときた方もいると思うのですが。電気通信の話であり、大雑把に説明すれば、「帯域幅」は通信スピードを示し、数が大きければ大きいほどスピードが速いことになります。この辺の感覚は昔のアナログ電話の通信とは違い、デジタル通信の話になります。以前のアナログ電話の時代は、ネットワークがつながると、そのネットワークは1対1の通信となり、他の通信が流れることはありませんでした。現在はネットワークがデジタル化されており、音声のみならず、データ通信もパケット(日本語で「小包み」という意味)というデータの細切れにして、さまざまな種類のデータを同時に流していきます。パケットという単位に細切れにして送信したデータを、送信先の機械でまた元通りにして文章にしたり、画像にしたり、音声にしたりしています。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディーアイエスソリューション株式会社の関連情報

ディーアイエスソリューション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]