CUCMコラム07「ソフトフォンとは? ソフトフォンのうまい使い方」

ディーアイエスソリューション株式会社 2014年06月03日

ディーアイエスソリューション株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長 小川 仁司 以下:DSol)は吉政創成株式会社 代表取締役 吉政忠志氏によるユニファイドコミュニケーションコラム(CUCMコラム)「ソフトフォンとは? ソフトフォンのうまい使い方」のバックナンバーを公開しました。

###
コラムの第7回は「ソフトフォンとは? ソフトフォンのうまい使い方」という内容で解説します。そもそも「ソフトフォン」とは何かということですが、「ソフトフォン」は「LINE」や「Skype」のようなものです。と説明したほうがわかりやすいかもしれません。「ソフトフォン」は、携帯電話や固定電話などといった音声回線を使用した通話ではなく、ソフトウェアの機能としてインターネットなどのデータ回線を使用し、通話をする電話のことを指します。

「ソフトフォン」の最大の魅力は通話料金の削減です。インターネット回線の使用料は固定料金の場合が多く、「ソフトフォン」を活用することで、固定料金のインターネット回線使用料の範囲で、通話ができることが多く、とてもお得です。(すべての「ソフトフォン」の通話料金が無料であるとは限りませんのでご注意ください)そういうこともあり、「LINE」や「Skype」を拠点間のモバイル内線電話として使用しているベンチャー企業も現れてきました。社内間の通話は全て「ソフトフォン」を使用することで通信料金を削減することを狙ったものです。ただ、通話料金の削減以上に大きなメリットがあります。それはコミュニケーションの効率化です。「ソフトフォン」は「電話」と「チャット」の機能を有していることが多く、利用者は「電話」と「チャット」を使いわけていることが多いです。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディーアイエスソリューション株式会社の関連情報

ディーアイエスソリューション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]