ユーブロックス、connectBlue社を買収しWi-FiとBluetoothのコネクティビティを強化. ~ユーブロックス、近距離無線モジュールの採用で「モノのインターネット」戦略を強化~

ユーブロックスジャパン株式会社 2014年05月26日

From DreamNews

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックス・ジャパン株式会社、東京港区、  代表 仲 哲周) は本日、産業用近距離無線モジュールのメーカーとして実績のあるスウェーデンのconnectBlue AB社の買収を発表しました。この会社のモジュール製品は、業界標準のBluetoothおよびIEEE 802.11 / Wi-Fiの規格に対応しており、機器とインターネット間の接続の最後の数百メートルにおけるコネクティビティを確保します。

この買収により、測位およびセルラー・ワイヤレス通信のソリューションを提供しているユーブロックスの製品群で近距離通信製品が強化されます。この戦略的な動きによりユーブロックスが提供するモジュール群が拡充され、インターネットに接続されている数百万のデバイスにアクセスが可能となります。主要な応用分野としては、産業用マシンツーマシン(M2M)、医療機器、データ収集、車両監視、アセット・トラッキングなどのシステムがあります。

ユーブロックスのCEOであるThomas Seilerは、次のように述べています。「パワフルなアプリケーションがヘルス・モニタリングやPOSターミナル、ファクトリー・オートメーション、車両センサなどのようなミッション・クリティカルでありビジネスに不可欠なデバイスを管理できるように、Internet of Thingsにはエンドツーエンドなコネクティビティが必要です。当社のセルラー・モデムと衛星測位受信機の総合的な製品群とconnectBlue社の近距離無線テクノロジーを組み合わせることで、既存および今後の数千のアプリケーション向けに高度な通信ソリューションが提供できます。このスウェーデンの新しいパートナーとの協業により、両社のビジネスに大きな相乗効果が生まれると大変楽しみにしています。」

「今回のユーブロックス社との合併により、お客様はインターネット接続の最後の数百メートルに対して信頼性の高い産業用ワイヤレス・コネクティビティ・ソリューションの選択肢が多くなります。」と、connectBlue社のCEOであるRolf Nilsson氏が述べています。同氏はさらに次のように述べています。「当社とユーブロックス社の製品群を組み合わせることで、工場や車両、アウトドア装置で使用されているケーブルや銅、光ファイバーよりも安価で信頼性が高い代替製品が提供できます。ユーブロックス社に協力して”ワイヤレス・ワールド”の構築のサポートができることに感激をしています。」
2000年に設立されたconnectBlue社は、これまで一般的なBluetooth規格やBluetooth Low EnergyおよびWi-Fiの各規格で認証済みの産業用モジュールの製品群をもっており、これらの製品は市場でも認知されています。これらのロバスト(堅牢)で高性能な製品は、製品の世代交代や技術進歩に対しても長いスパンで適応できます。同社の顧客には、医療用計測器や産業用オートメーション機器、計測、データ収集、車両管理のシステムを製造している有名なグローバル企業が含まれています。

connectBlue社には、Wi-Fiモジュール向けの自社製のBluetoothスタック・ドライバーおよびソフトウェアがあります。このドライバーおよびソフトウェアは同社の重要な知的所有権製品であり、これにより要求が厳しい応用分野にも信頼性の高い製品を供給できています。

スウェーデンのメルメ(Malmö)にあるconnectBlue社の施設が近距離無線用製品の新しい生産センターになります。connectBlue社のこれまでのお客様に対しては、現在の製品が提供されますし、その改良も継続されます。

今回の買収で、ユーブロックスは185百万SEK[1](25百万CHF[2])の企業価値があるconnectBlue AB社の株式を100%取得します。この企業買収により、約9百万CHFの収入および2014年の残余期間に関して百万CHFのEBIT(支払金利前税引前利益)を予想しています。この見通しは次の関係に従い変動します: 264~275百万CHFの収入に対応してEBITは35~39百万CHFと変動する。


[1] SEK = スゥエーデン・クローナ
[2] CHF= スイス・フラン
ユーブロックスについて
ユーブロックス(SIX:UBXN)はスイスを本拠にし、民生、産業および自動車市場向けに測位用半導体とワイヤレス通信用半導体を提供するリーダーです。同社のソリューションにより、 人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様が革新的なソリューションを迅速かつ廉価に開発するお手伝いをしています。ユーブロックスはスイスのタルウィルに本社を置き、世界の各地特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。
詳細については (リンク ») をご覧ください。


connectBlue社について
connectBlue(R)社は、インターネットとのコネクティビティの最後の数百メートルに対して信頼性の高いワイヤレス・ソリューションを提供するリーダー企業です。ロバスト(堅牢)で高性能な製品は、産業、医療、計測/データ収集、品質保証などの要求が厳しい応用分野向けに設計、試験されています。Bluetooth、Bluetooth Low Energy、Wi-Fi(WLAN)およびマルチ無線の各ソリューションに基づいて、connectBlue社は、ワイヤレス・システム・オン・モジュール、ワイヤレス内蔵型モジュールおよびワイヤレス利用可能型シリアル/イーサネット・ポート・アダプターとアクセス・ポイントを開発しています。同社の製品は、ヨーロッパ、米国、カナダ、日本の市場向けに認証されたタイプの無線通信システムであり、同時にEMC規格、安全規格、医療規格およびBluetooth認定プログラムに適合しています。connectBlueの本社所在地は、スウェーデンのメルメ(Malmö)です。詳細については次のサイトをご覧ください:www.connectblue.com.


免責事項
このプレス・リリースには、将来予想に関する記述が含まれています。この記述は経営陣の現在の予想を反映したものですので、既知や未知のリスクや不確実性、その他の要素のために、ユーブロックス・グループの実際の成果、業績あるいは実績は明示あるいは暗示されている予想から大きく異なることがあります。このような予想は次のようなリスクや要素などで覆される恐れがあります。グループの製品に対する需要状況や製品の成否、グループの製品が陳腐化する可能性、グループがその知的所有権を保護できる能力、グループがその新製品をタイムリーに開発、商品化できる能力、グループが対象とする市場のダイナミックスと競合関係、規制の状況、為替レートの変動、グループの売上げ、収益を生み出す能力およびグループがその事業拡張プロジェクトをタイムリーに具現化する能力などで、予想は左右されます。もし、これらのリスクや不確実さの一つまたは複数が実際に生じた場合、または基本的な仮定が間違っていたことが分かった場合、実際の結果は、このプレス・リリースに記述されているものと大きく異なることがあります。ユーブロックスは現時点での情報に基づいてこのプレス・リリースを行っていますが、新しい情報や今後の出来事などを踏まえてこのプレス・リリースに含まれた将来予想に関する記述を更新する責任を負うものではありません。



<プレス・リリースと製品のお問い合わせ先>
ユーロブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリー・マネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]