自動化されたペーパーレスな校正作業で効率向上

ビーメックス (Beamex) 2014年06月04日

From 共同通信PRワイヤー

自動化されたペーパーレスな校正作業で効率向上

AsiaNet 56928

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


自動化されたペーパーレスな校正作業で効率向上


【ピエタルサーリ(フィンランド)、2014年6月4日PRNewswire】‐‐
あらゆる設備には校正の作業・管理プロセスがあります。しかし、さまざまな種類の校正作業があり、品質、効率性および生産性の点で異なっています。

校正プロセスは校正作業の計画とスケジューリングから始まり、校正パフォーマンスだけでなく、結果データの書類作成などが含まれています。効率的な校正プロセスは時間を節約し、自動化された作業は経済的であり、結果の信頼性を保証しています。業界最高の校正プロセスは統合され、自動化されたペーパーレスな作業が可能です。これは、ビーメックス社 (Beamex) のグローバル・マーケティング・キャンペーン「キャリブレーション・アンダー・コントロール (Calibrations under Control) 」における重要なメッセージとなっています。ビーメックス・グループのジャン・ヘンリック・スヴェンソン (Jan-Henrik Svensson) 上級副社長 (販売・マーケティング担当)は、「当社は製品もしくは一連の製品・サービスを提供しているだけではなく、実際に、効率・品質の向上だけでなく、コスト削減も可能にする方法で、校正の作業・管理のための新しいプロセスを提供しています」と語りました。

このマーケティング・キャンペーンの中核を構成している統合キャリブレーション・ソリューションのビーメックスICSは、キャリブレーターとキャリブレーション・ソフトウェア間のシームレスな通信により、他のキャリブレーション・システムと比較してユニークです。また、保守管理システム(ERP/CMM)への統合が可能で、多機能キャリブレーターが自動化されたキャリブレーションを迅速かつ効率的に行うだけでなく、キャリブレーション・ソフトウェアがすべてのキャリブレーション・データのスマートな分析と管理を可能にします。

マイクロサイト ( (リンク ») )  では、自動化されたペーパーレスな校正プロセスの利点についての説明だけでなく、設備における現在の校正プロセスの効率性を試験するためのオンライン・テストもご覧になれます。
ビーメックス社はプロセシング(各種データ処理)計器での最も困難な課題に対応するキャリブレーション・ソリューションの世界的大手供給業者です。詳細情報は、
(リンク ») をご参照ください。

ソース: ビーメックス  (Beamex)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]