「Leafコミュニケーションスポーツ」 サッカープログラムへの一般参加者募集を開始

株式会社LITALICO 2014年06月09日

From Digital PR Platform


障がいのある方を対象とする就労支援センター、子ども一人ひとりの状況に即したオーダーメイドの学習教室を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、旧社名:株式会社ウイングル)は、当社が運営する学習教室「Leaf」の特別プログラム「Leafコミュニケーションスポーツ サッカープログラム」を神奈川県相模原市の國學院大学相模原キャンパスのグラウンドで開始し、6月28日(土)実施の第2回からは、一般からも参加者を募集いたします。
本プログラムでは、サッカーチーム「ブレッサ相模原」でスポーツディレクター兼コーチを務める安彦考真氏をコーチに迎え、運動が苦手な子どもでも楽しくサッカーに親しみ、運動への苦手意識の克服や異年齢の子ども同士の関わりによるコミュニケーション力向上を図ります。

当社では、発達が気になるお子さまの教育からはじまった学習教室「Leaf」を、首都圏28教室で展開しています(2014年6月現在)。学習指導はもちろん、子どもの発達段階に応じた生活スキルや対人コミュニケーションなどのソーシャルスキルの指導を通して、すべての子どもたちがより楽しく学べ、達成感を得られるように、個々の特徴や成長に合わせて、教え方や環境を工夫しています。

「Leafコミュニケーションスポーツ」は、集団での規律が求められる体育の授業を苦手とし、そのまま運動自体に苦手意識を持っている子どもに向けたスポーツ教室です。これまでにも元プロ陸上選手の為末大氏を迎えた「陸上教室」など、運動の得意・不得意に関係なく、スポーツに楽しく取り組める環境を提供しています。

このサッカープログラムでは、通常のサッカークラブのように試合での勝利や競技技術の向上を目的とするのではなく、運動が苦手な子どもでもサッカーに楽しく取り組み、これまでできなかったことが「できる」ようになることを目指し、安彦考真氏の指導による全11回のプログラムを行います。参加者を年齢ごとに区分けせず、異年齢が混ざった構成にすることで、コミュニケーション力の向上も図ります。6月28日(土)の第2回プログラム以降は、どなたでもご参加いただくことができます。

一般参加者の募集に先立ち、5月31日(土)に、「Leaf」に通う子どもたちを対象とした第1回目を実施しました。当日は小学生や幼稚園生などが、集団競技の参加の際にハードルとなってしまいがちな指示理解の練習、全員でのミニゲームなどを行いました。プログラムに参加した子どもたちからは「試合が楽しかった」、「友達と仲良くなれた」、保護者からは「地元のサッカーチームではフォローしてもらえないところまで丁寧に見てもらい、子どもが自信を持って取り組んでいてよかった」といった声が寄せられています。

当社では今後も教育プログラムの一環として様々なスポーツ教室を開催する予定です。教室を通じて、スポーツの楽しさだけでなく、あきらめずに何度もチャレンジすることで成功体験を積み、できなかったことが「できる」ようになる楽しさも伝えていきます。


【Leafコミュニケーションスポーツ サッカープログラム」 詳細】

・実施日:
 <2014年>
  5/31(土)(終了)、6/28(土)、7/12(土)、8/16(土)、
  9/13(土)、10/11(土)、11/1(土)、12/6(土)、
 <2015年>
  1/24(土)、2/14(土)、3/14(土)
・時間: 13:00~15:00
・会場: 國學院大学相模原キャンパス
(神奈川県相模原市中央区淵野辺本町5-10-10)
・対象: 幼稚園・保育園生(年中以上)、小学生、中学生
・参加費: 月謝3,000円(税別)


■プログラム(例)
「準備運動」(※指示理解プログラム)
順番を決めて、赤・青・黄色のコーンを順番に手で倒し、その後起こします。
順番を変えながら競争したり、チームで協力しながら行います。
1人では難しい子どもは、学年が上の子どもがサポートします。

「ドリブル練習」(※指示理解+運動プログラム)
青・赤・黄色のコーンをドリブルで順番に回ります。

「ボールタッチ」(※運動プログラム)
ボールを上にあげて、足の裏で止める練習をします。
まずはボールを上げることから始まり、徐々に足の平で止められるようにします。
レベルに分けて実施します。

「試合」(※運動プログラム)
その場の全員で行うミニゲームです。

■講師
安彦 考真(あびこ たかまさ)
サッカー選手としてブラジルで活躍。現役引退後は、サッカーを通じた様々な活動に携わる。国内では、U-12のワールドカップと呼ばれている「ダノンネーションズカップ」の日本大会を立ち上げ、開催規模をこれまでの関東エリアから全国エリアへと拡大。日本全国の子どもたちに夢をつかむチャンスを創り出している。また、海外では、JICAオフィシャルサポーターの北澤豪氏と共に10か国以上の発展途上国を訪問。サッカー教室を通して1500人以上の子どもたちと交流を重ねている。


■参加方法
事前予約制となります。参加希望の方は、(株)LITALICO 個育事業部 特別プログラム担当者までご連絡ください。
Mail:event@leaf-school.jp
 ※参加者全員のお名前(ふりがな)、参加者の年齢、住所、参加希望日、緊急連絡先、
生年月日をご記載の上、送信ください
WEB: (リンク »)
 ※イベント項目は「コミュニケーションスポーツ」をご選択ください


【LITALICOについて】
LITALICO(旧社名:株式会社ウイングル)は、2005年12月設立以来、日本における社会問題としての「障がい者雇用」分野に着目し、一法人としては全国最多となる全国42拠点(2014年6月時点)で事業所を展開しています。企業向けの障がい者雇用支援から始まった事業は、現在では障がい者向け職業訓練事業、そして障がい者の家族向け事業や教育事業など、その領域を広げています。学習教室「Leaf」を首都圏28箇所(2014年6月時点)で開校しているほか、2014年4月に、IT・ものづくり教室「Qremo」を東京・渋谷にオープンしました。詳細は (リンク ») をご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]