◎BICが世界中の手書き文字の合体目指すUniversal Typefaceの試みを開始

DDB Worldwide 2014年06月09日

From 共同通信PRワイヤー

◎BICが世界中の手書き文字の合体目指すUniversal Typefaceの試みを開始

AsiaNet 56980
共同JBN 0637 (2014.6.9)

【アムステルダム、デュッセルドルフ2014年6月7日PRN=共同JBN】BICはデジタル手書き文字とそのデータを1つの書体に統合するために、世界中でクラウドソーシングを開始した。Universal Typefaceの試みは、1950年以来1000億本以上が生産されたBIC Cristalボールペンを祝して行われる。

DDBデュッセルドルフ代理店が発案し、クリエーティブ・デジタルプロダクション企業のMediaMonksがプロデュースしたBICのUniversal Type Experimentは初めて、あらゆる人々が世界中の筆跡入力と統計データを1つの活字書体ないしはフォントに統合するために行われた。

BICのCristalボールペンは史上最も売れたペンで、「世界共通ペン」とも呼ばれた。このキャンペーンが目指すのは、世界中のユーザーの手書き文字をだれでも利用できるようにデジタルフォントに永久保存することであるが、新規の手書き文字入力があれば常に変化していく。ユーザーはデジタルプラットフォーム( (リンク ») )上でMobile Connect技術を使って手書きの筆跡を提供できる。これによってユーザーはスマートフォンないしはタブレットのスクリーン上に直感的で自然体で書き込むことができ、より大きなデスクトップで自らの手書き入力文字を表示できる。

ウェブサイトには全体を見渡せるセクションもある。ユーザーはこのセクションで、自分の手書き文字と全体平均とを比べることができる。ユーザーは自分の手書き文字と、年齢、性別、職業業種、その他の指標によってグループ化されたさまざまな統計データの平均化された入力文字との統計上の相違や類似を調べることができる。これらすべてを実現するために、ユニークなアルゴリズムが開発され、すべての手書き入力文字を結合させ、その結果を一体化させてUniversal Typefaceを生み出している。

DDBデュッセルドルフのクリエーティブディレクターであるヤン・プロパフ氏は「われわれの手書き文字は最も個人的な財産の1つである。BICは最も普遍的な筆記用具の1つを生産し数十億の人々がその製品を使用しているが、まず疑問に浮かぶのは、それでは世界の普遍的な手書き文字は一体どのような書体であるのかとことである。今回の試みでそれを探索することによって、われわれみんなが知っており、使っているペンを祝福することができる」と語った。

MediaMonksの国際プロジェクト・ディレクターであるヨリス・ポル氏は「入力されたすべての手書き文字を正確に映し出すUniversal Typefaceを決定するため、またその書体が判読しやすくなるために、MediaMonksはデジタル実験に根拠をあたえる精巧なアルゴリズムを開発した。このプロジェクトでクリエーティビティーとテクノロジーを統合し、アナログとデジタルの筆跡の世界を橋渡しする機会をわれわれの設計開発チームに与えられたのは大変光栄である」と語った。

DDBデュッセルドルフのクリエーティブ・マネージングディレクターであるデニス・メイ氏は「DDBは人々としっかりとつながりを持つことを目的とする伝統があり、今後もそれは変わることはない。だからわれわれはこのUniversal Typefaceプロジェクトに全力を注いでいる。われわれは新しいテクノロジーを活用し、この伝統が新しい方法で活気を帯びるようにする」と語った。

8月にはUniversal Typefaceの初版がダウンロード可能となり、他のフォントと同じように利用することができる。

Universal Typeface Experimentに関するリンク: (リンク »)

▽DDBについて
DDB Worldwide(www.ddb.com)は世界最大で最も受賞歴が多い広告およびマーケティング・ネットワークである。DDBは2012年、CampaignによるAdvertising Network of the Yearに、さらにStrategy誌によるAgency of the YearとDigital Agency of the Yearに選ばれた。DDBは高名な2013年カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes International Festival of Creativity)で、ネットワークでは史上最多の数となる93のライオンを獲得した。Gunn Reportは過去15年間で12年間にわたり、DDBをTop 3 Global Networkの1つに選んだ。DDBのクライアントにはフォルクスワーゲン、マクドナルド、ユニリーバ、Mars、ジョンソン・エンド・ジョンソン、エクソンモービルなどがある。

DDBは1949年に創設されたOmnicom Group(NYSE)の子会社であり、ニューヨーク州ニューヨーク市にフラグシップオフィスを構え、世界90カ国以上に200以上のオフィスを擁している。

▽Omnicom Group Inc.について
Omnicom Group Inc.(NYSE:OMC)は、世界をリードするマーケティングおよびコーポレート・コミュニケーション企業である。Omnicomのブランドが付いたネットワークと多数のスペシャリティー企業は広告、戦略的メディアプラニング・バイイング、デジタルおよびインタラクティブ・マーケティング、ダイレクトおよびプロモーショナル・マーケティング、パブリックリレーションズ、その他のスペシャリティー・コミュニケーション・サービスを100カ国以上の5000を超えるクライアントに提供している。

Omnicomと同社ブランドに関する詳細はウェブサイトwww.omnicomgroup.comを参照。

▽問い合わせ先
Marta Tomczak, FinchFactor
marta@finchfactor.com
+0031-(0)20-794-4733

Sara Cosgrove, DDB Europe
Sra.cosgrove@ddb-europe.com
+44-(0)-20-7258-4230

ソース:DDB Worldwide

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]