イクシア、世界初の400GbEテストプラットフォームを発表

イクシア 2014年06月10日

From JCN Newswire

400GbE Jumpstartテストシステムが高速イーサネットにおけるイクシアの優位性を強化し、将来のネットワーキング技術の開発を促進

Tokyo, June 10, 2014 - ( JCN Newswire ) - 【米国時間2014年6月9日発表】イクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、NASDAQ: XXIA)は、世界初の400Gb/s高速イーサネットテストソリューションのPOC(プルーフ・オブ・コンセプト)を公開しました。これにより顧客は、データネットワークの進化に伴う必要帯域幅の増加に対応することができます。イクシアは、初の40/100GbEテストソリューションによる市場優位を生かし、オープンプログラマブルネットワーキングプラットフォーム/ソフトウェアのグローバルプロバイダーであるCiena社とともに、世界初の400GbE(400ギガビットイーサネット)相互運用テストを開発しました。

400GbE Jumpstartテストシステムは、400Gb/sでワイヤーレートのパケット生成/受信に成功しました。イクシアは、この性能を実証することにより、技術的リーダーシップを強化しつつ、400GbE対応規格の提供に向けて市場を促進しています。

100Gb/sイーサネット規格の批准以来、世界的なネットワークトラフィックと帯域幅需要は急速に成長を続けています。IEEE P802.3bsタスクフォースは、ウェブスケールのデータセンター、動画配信インフラ、サービスプロバイダー、新しいアプリケーション領域に対応する高帯域幅ソリューションを可能にする新しい400GbE規格に重点を置いています。この最新の規格は、データ転送速度400Gb/sに達すると期待されています。これは、5万人のユーザーがNetflixの高品位動画を同時ストリーミングできる速度です。

発表のハイライト

ネットワークへの依存は、世界のあらゆる面に広がりつつあり、ローカルエリア、データセンター、メトロポリタン・エリア・ネットワークが必要とする帯域幅は、2桁以上の成長率を維持しています。クラウドコンピューティングやストリーミングビデオなどの技術が大規模で高速のデータセンターを必要としている現在、機器メーカーも100Gb/s以上に対応する必要があります。

イクシアは、新しい400GbE Jumpstartテストシステムにより、引き続き革新的なネットワーキング技術開発の最先端に立ち、顧客が需要に対応する手助けをするとともに、ネットワークプロバイダーに次世代ソリューションを提供します。

イクシアの400GbE Jumpstartテストシステムは、ネットワーク機器メーカーの開発/テスト時間を短縮し、標準規格化前である400GbEネットワーキングハードウェアを高速化する開発者ツールキットです。これにより顧客は、400GbEテストへの投資を最大限に生かし、次の高速イーサネット技術の相互運用性を開発、テスト、検証することができます。400GbE Jumpstartテストシステムの主な特長には、イーサネット最大フレームサイズの最小値未満および最大値より上に対応する400Gb/sのワイヤーレートパケット生成機能があります。

業界からのコメント

Ciena社のハードウェア・エンジニアリング担当シニアディレクターであるロジャー・キャロル(Roger Carroll)氏は、次のように述べています。「ネットワークは急速に進化し、成長しつつあります。つまり、業界は未来のネットワーク構築を見越してクオリティの高い製品を開発する必要があります。イクシアが市場初の大容量イーサネットテストソリューションを提供して優位を維持することにより、当社は次世代のネットワークシステムを開発することができます。

Ethernet Allianceの理事会長であり、IEEE 802.3bsタスクフォース議長であるジョン・ダンブロジア(John D'Ambrosia)氏は、次のように述べています。「ネットワークにかかる負担は増す一方です。アップタイムとスピードに対する期待も高く、400GbE技術はすぐにネットワークバックボーンの必須要素となるでしょう。このようなソリューションの開発は400GbEがスタンダードとなるずっと前から行う必要があります。イクシアの業界初の400GbEテストプログラムは、機器メーカーが次世代ネットワークのニーズを満たせるかどうかを確認する上で非常に重要です」

イクシアの会長兼CEO(最高経営責任者)代行、エロール・ギンズバーグ(Errol Ginsberg)は、次のように述べています。「市場の競争が激しくなるにつれ、機器メーカーはさらに高速のネットワーキングソリューションを提供しなければなりません。イクシアは、お客様が未来の技術を開発、テスト、検証するために必要なソリューションの提供に努めています。世界初の40GbE、100GbEテストプラットフォームを開発したイクシアは、今回の400GbEでも業界をリードし、いつでもどこでも機能するネットワークを実現するソリューションを開発していく所存です」

lxiaについて

イクシアは卓越した製品を提供し「つながる世界」を実現します。イクシアは、顧客が先進的なネットワーク技術に基づくサービスを迅速かつ安全に提供することを支援し、Always-onのユーザー体験を可能にします。顧客は、イクシアのソリューションが提供する意思決定に有用な情報を活用し、製品・サービスの早期市場投入、最適化されたアプリケーションの導入を高い品質を保ちながら実現することができます。イクシアの詳細情報は、 (リンク ») (日本語サイト: (リンク ») )をご覧ください。

* 翻訳言語版プレスリリースは、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
英文プレスリリース: (リンク »)

* Ixiaのロゴマークは、イクシアの登録商標または商標です。その他の商標は、各所有企業に帰属します。

概要:イクシア

詳細は (リンク ») をご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。