◎ハイセンス、テレビ出荷で世界4位 ディスプレイサーチ調査

ハイセンス 2014年06月12日

From 共同通信PRワイヤー

◎ハイセンス、テレビ出荷で世界4位 ディスプレイサーチ調査

AsiaNet 57019
共同JBN 0652(2014.6.11)

【青島(中国)2014年6月11日PRN=共同JBN】米大手市場調査会社ディスプレイサーチ(DisplaySearch)の最新リポートによると、今年第1四半期に世界で出荷されたテレビ受像機は、前年同期と同じ4970万台に達した。リポートで注目されるのは、中国メーカーのハイセンス(Hisense)の出荷台数の急増。ハイセンスは世界の全出荷台数の5.3%を占め、3位のソニーに0.1%差まで迫った。ドル建て出荷額で見ると、ハイセンスは世界全体の6.4%で、4位になった。中国市場でのハイセンスの出荷シェアは18.5%でトップに立っている。

2014年第1四半期の4Kテレビの出荷では、ハイセンスは台数で20.4%、ドル建て出荷額で16%を占め、ともに世界2位にランクインした。

大型スクリーンテレビ市場でもハイセンスは好調だった。50―54インチ製品でハイセンスは世界シェアが10.7%で、ソニーを抜いて3位。55―59インチ製品ではシェアが13.5%と、2位に躍進した。

ハイセンスは今年に入ってスマートテレビやULEDテレビ、4Kテレビなど高級製品の調査・開発に一層力を入れている。中国メーカーとしては初めて国内市場に投入したULEDテレビやVIDAAスマートテレビの出荷台数は上昇傾向が続き、国際市場へ向けても高級テレビの出荷を拡大させた。現在ハイセンスのスマートテレビは米国のベスト・バイ、ウォルマート、コストコの3チェーン店で販売され、4Kテレビも米国や欧州、南アフリカなどの大手小売店への出荷に成功している。

ソース:Hisense

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]