◎セリーヌ・ディオンのマネジメント企業がアルド・ジャンパオロ氏をCEOに任命

Productions Feeling Inc. 2014年06月12日

From 共同通信PRワイヤー

◎セリーヌ・ディオンのマネジメント企業がアルド・ジャンパオロ氏をCEOに任命

AsiaNet 57030
共同JBN 0656 (2014.6.12)

◎セリーヌ・ディオンのマネジメント企業がアルド・ジャンパオロ氏をCEOに任命

【モントリオール(カナダ)2014年6月12日PRN=共同JBN】歌手セリーヌ・ディオンの夫でマネジャーのレネ・アンジェリル(Rene Angelil)氏は12日、同氏の長年の友人であるアルド・ジャンパオロ(Aldo Giampaolo)氏をセリーヌ・ディオンの活動をマネージするFeeling Productions Inc.の最高経営責任者(CEO)に任命したと発表した。

この人事はアンジェリル氏がジャンパオロ氏に何年も前から打診していたもので、このほどディオン、アンジェリルの両氏がその時がきたとの判断で一致、決定した。

レネ・アンジェリル氏は「われわれの長年の友情、相互の信頼関係、そして今までの数々のコラボレーションを考えれば、今回の事はわれわれすべてにとって理にかなった一歩だ」と述べた。

アルド・ジャンパオロ氏は「新しい挑戦の機会を与えられて非常に感激し、喜んでいる。私にとっては今回の件は私とアンジェリル氏が過去25年にわたって保ってきた密接な職場関係の延長線上にあるものだ」と述べた。

アルド・ジャンパオロ氏は8月から、家族帯同でラスベガスに常駐する事になっている。

アンジェリル、ジャンパオロの両パートナーはQuebecor社との仕事上の関係は今後とも友好的なものであると繰り返し、同社の協力に感謝の念を表明した。

レネ・アンジェリル氏は今後、会長に就任し、アルド・ジャンパオロ氏が最高経営責任者(CEO)およびセリーヌ・ディオンのアソシエート・マネジャーとして活動することになる。Feeling Groupの財務および総務担当筆頭副社長は引き続きジル・ラポワント氏が担当することになっており、デイブ・プラテル氏も引き続きセリーヌ・ディオンのアソシエート・マネジャーとしての役割を果たす。

▽アルド・ジャンパオロ氏の略歴

アルド・ジャンパオロ氏の25年強におよぶケベックのショービジネス界における経歴は、同氏の業界に関する深い知識、ケベック、カナダ全国、さらに世界に広がるプロモーターやアーティストとの幅広いネットワークと同様に、大きな注目に値するものだ。

1978年からの8年間、ジャンパオロ氏はモントリオール近郊のベルダン市で「オーディトリウム・アリーナ担当ディレクター」として腕を磨き、1986年には「モントリオール・フォーラム」事業担当副社長に就任している。1994年から1996年の間には同氏は新「モントリオール・フォーラム(旧モルソン・センター、2002年からはベル・センター)」のエグゼクティブ・プロジェクト・ディレクターだった。その間、ジャンパオロ氏は同氏が建設の開発、実施を担当した同施設を主に4つの利用設定を考えて賢明に利用したことで地域から高い評価を受けた。この大アリーナは定員を2000人から2万2000席に変更する事が可能で、現在にいたるも北米で最も多機能なイベント会場の1つであると考えられている。

1996年から2001年まではジャンパオロ氏はベル・センターの筆頭副社長兼ゼネラルマネジャーとして引き続き会場事業の最適化を行い、エンターテインメント活動を拡大した。2001年から2004年、同氏は旧モルソン・センターのエンターテインメント事業活動をマネージするGillett Entertainment Group(現在のevenko)の社長に任命され、その間の2003年と2004年には、ケベック、カナダ東部、米国北東部にわたって毎年400件以上のイベント興業、さらに「スターアカデミー(ケベック版アメリカン・アイドル)」の共同制作、大成功を収めたフランス語によるミュージカル「ドン・フアン」の興業も行っている。

2005年、ジャンパオロ氏はシルク・ドゥ・ソレイユに新事業担当ゼネラルマネジャーとして加入し、新たなライブ・イベントの製作、クリエーティブな人材の発掘を行い、さらにLive Nation社と提携してシルク・ドゥ・ソレイユの「デリリアム」をマネージしたが、この公演は2006年と2008年の間、北米と欧州中の大アリーナを回るツアーになった。2006年から2011年の間は、ジャンパオロ氏は同社エグゼクティブ・プロデューサーとして、シルク・ドゥ・ソレイユの「ウィンタク」「バナナ・スピール(MSGEと提携)」「ザーカナ」などの新公演の開発にコンセプトの立ち上げから、製作、舞台稽古、さらには公演の実施、ツアー事業にいたるまで責任者として担当した。2007年に大テントでのツアーを15年も行ってきた「サルティンバンコ」の撤退が避けられなくなると、ジャンパオロ氏はアリーナ・ツアー事業部を発想して発足させ、今や古典になったこの公演をアリーナ向けに改作して提供、「サルティンバンコ」だけでなく、他の大テントのシルク・ドゥ・ソレイユ公演のツアー寿命を最大5年も伸ばすことに成功した。2011年、ジャンパオロ氏は販売・マーケティング・ツアー公演担当副社長に任命され、世界中をツアーするシルク・ドゥ・ソレイユの大テントおよびアリーナのすべての公演の販売、マーケティング、広報(チケット、食品・飲料、マーチャンダイジング)に関する新戦略の開発およびマネージというミッションを与えられた。

2013年7月、ジャンパオロ氏はスポーツ&エンターテインメント・グループの中に新たに発足したQuebecor Media Inc.の社長兼最高経営責任者(CEO)に指名された。同社の業務は以下の通り。

*Distribution Select:カナダ最大の独立系CD、ビデオ販売店。
*Gestev Inc.(イベント・マネジメント):スポーツや文化イベントをマネージする会社で、ケベック市で行われる「レッドブル・クラッシュドアイス」「アイスクロス・ダウンヒル世界選手権大会」「スノーボード・ジャンボリー」「国際スキー連盟世界選手権大会」などを提供している。
*Musicor:ケベック最大の音楽レーベルの1つ。
*Musicor Spectacles:ケベック、カナダ全国、世界のライブ・エンターテインメント・イベントのプロデュース、プロモーションおよび実施。
*Blainville-Boisbriand Armada:ケベック・メジャー・ジュニア・ホッケーリーグ所属チーム。
*AMQ(Amphitheatre (Arena) Multifonctionnel de Quebec):2015年9月開場予定のケベック市多機能文化・スポーツ施設(座席数1万8000強の新アリーナ)の建設、監督、マネジメント、作業、維持管理。

セリーヌ・ディオン、レネ・アンジェリル夫妻とアルド・ジャンパオロ氏との交際は25年近くにも及んでいる。1993年、アンジェリル氏はジャンパオロ氏が提案する革新的で野心的なアイデアを採用することを決定した。そのわずか数か月後には、セリーヌ・ディオンが新たなモントリオール・フォーラム「劇場(この利用設定は間もなく大多数の大アリーナで採用されることになる)」でこけら落としの興業を行った。

アンジェリル氏はその後もジャンパオロ氏にケベックにおけるセリーヌ・ディオンのコンサートすべてのプロモーションを任せるなど、氏に対する深い信頼を示し続けた。この関係は両者の間の良好な合作、友情、相互信頼の論理的かつ自然な結果である。

ソース:Productions Feeling Inc.

▽問い合わせ先
le bureau de Francine Chaloult
francine@francinechaloult.com
+1-514-487-6547

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]