~第4回Leaf教育実践フォーラム~ 「不登校支援」をテーマに 家庭・学校での具体的支援のあり方を考える

株式会社LITALICO 2014年06月13日

From Digital PR Platform


障がいのある方を対象とする就労支援センター、子ども一人ひとりの状況に即したオーダーメイドの学習教室を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、旧社名:株式会社ウイングル)は、教職員や保護者の方など、広く子どもの教育に携わる方を対象に、子どもたち一人ひとりの人生を豊かにするための支援について考えるフォーラム「第4回Leaf教育実践フォーラム」を開催いたします。今回は、「不登校支援」をテーマに、特に発達障がいのある子どもたちを中心とした具体的支援のあり方について、鳥取大学大学院教授 井上雅彦氏らを招き、講演やパネルディスカッションをおこないます。

この「Leaf教育実践フォーラム」は、2012年12月の初回を皮切りに、これまで「特別支援教育セミナー」として3回実施、特別支援教育に対する理解者を一人でも多く増やし、誰もが生きやすい社会をつくることを目的とし、子どもに関わる支援者、当事者など、地域の多様な人々がつながって、共に学び合う機会を提供しています。第4回目となる今回からは、タイトルを「教育実践フォーラム」に改め、「特別支援教育」に限らず学校全体で取り組むべき問題をテーマに、より幅広い教育関係者の方々にご参加いただければと考えております。
 
今回は「不登校支援」をテーマに、学校に行きづらさを持つ子どもたちの理解と具体的な支援について、特に近年、学校現場で課題となっている発達的な課題を持つ子どもたちの示す゛登校しぶり゛や不登校の実態とその対応を中心に、家庭や学校でどのような取り組みが可能なのか、様々な実践例から考えていきます。
 
当日は心身に障がいのある人たちの生活を豊かにしていくための支援プログラムについて長年にわたり研究している鳥取大学大学院教授 井上雅彦氏から基調講演をいただくほか、学校や行政の現場で不登校支援に取り組む方を招き、不登校支援の具体的事例についてお話するパネルディスカッションを実施いたします。
 
今後もLITALICOでは、様々な教育課題をテーマにしたフォーラムを開催してまいります。次回は11月に、「発達障がいのある子どもを持つ家族への支援」をテーマに実施する予定です。
 
【 第4回Leaf教育実践フォーラム 概要 】
■日時
6月22日(日) 13:30~17:00(受付開始13:00~)
■会場
東京学院ビル3F教室 (東京都千代田区三崎町3-6-15) ※JR水道橋駅西口から徒歩1分
■登壇者
<基調講演>
・鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授 井上雅彦氏
<パネルディスカッション>
・鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授 井上雅彦氏
・足立区こども支援センターげんき 特別支援係長 石戸孝子氏
・町田市スクールソーシャルワーカー 竹村睦子氏
 (コーディネーター 株式会社LITALICO Leaf 研修センター 野口 晃菜)
■対象
小学校~高等学校、幼稚園、保育施設の教職員・スクールカウンセラー、
子どもの教育に携わる方、医療機関その他の支援機関の方
■定員
120名
■参加費
無料(事前申込制)
■参加方法
参加希望の方は下記のお問い合わせ先よりご連絡ください。
TEL:03-5704-7361(受付時間 9:00~18:00)
Mail:renkei@leaf-school.jp
※メールには以下の必要項目をご記入の上、送信ください。
メールでお申し込みの際は、件名に「フォーラム申込」とご入力の上、下記(1)~(6)の項目を送信いただきますようお願い申し上げます。
(1)氏名 (2)ふりがな (3)電話番号 (4)所属・職種 (5)参加日程 (6月22日) (6)このフォーラムに期待することがございましたらご記入ください。
WEB: (リンク »)
「イベントのお申込はコチラ」のバナーから専用フォームをご利用ください。

■登壇者プロフィール 
・鳥取大学大学院医学系研究科 臨床心理学講座 教授 井上雅彦氏
専門分野は応用行動分析学、臨床心理学、障がい児心理学。臨床心理士、専門行動療法士、自閉症スペクトラム支援士(エキスパート)の資格を持つ。日本発達障がい学会評議員をはじめ、様々な学会活動の他、日本発達障害ネットワーク理事などで活躍。大学院付属の臨床心理相談センターでは年間700件の相談活動を行っている。これまで、知的障がい、知的障がいを伴う重度・重複障がい、自閉症、アスペルガー症候群、学習障がい、ADHDといった心身に障がいのある人たちの生活を豊かにしていくための支援プログラムについて研究。最近は家族支援や学校支援などの間接支援プログラム、支援者に対するイ-ラーニング、不登校に対する早期対応に関するプログラムの開発にも取り組む。

・足立区こども支援センターげんき 特別支援係長 石戸孝子氏
1978 年、足立区役所入所。事務職として入区以来、収入役室、建築課、地域振興課、保健所、福祉事務所、中小企業支援課、高齢サービス課など様々な部署を経て2013 年4 月から現職。登校支援事業、特別支援教育推進の業務にあたる。

・町田市スクールソーシャルワーカー 竹村睦子氏
ソーシャルワーカー(社会福祉士 精神保健福祉士)。東北福祉大学・日本社会事業大学専門職大学院卒業。2001年より寺子屋(学習支援と居場所)など地域住民と一緒に活動、2006 年たけむら社会福祉士事務所開業、2007 年より東京シューレ葛飾中学校・杉並区・昭島市・世田谷区を経て、現在、町田市教育委員会にてスクールソーシャルワーカーとして活動。2013年より一般社団法人子ども・若者応援団理事。

【LITALICOについて】
LITALICO(旧社名:株式会社ウイングル)は、2005年12月設立以来、日本における社会問題としての「障がい者雇用」分野に着目し、一法人としては全国最多となる全国42拠点(2014年6月時点)で事業所を展開しています。企業向けの障がい者雇用支援から始まった事業は、現在では障がい者向け職業訓練事業、そして障がい者の家族向け事業や教育事業など、その領域を広げています。学習教室「Leaf」を首都圏28箇所(2014年6月時点)で開校しているほか、2014年4月に、IT・ものづくり教室「Qremo」を東京・渋谷にオープンしました。詳細は (リンク ») をご覧ください。
 

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]