◎Neurim Pharmaceuticals、Circadin(R)がもたらす有効性について研究成果を発表

Neurim Pharmaceuticals 2014年06月19日

From 共同通信PRワイヤー

◎Neurim Pharmaceuticals、Circadin(R)がもたらす有効性について研究成果を発表

AsiaNet 57118
【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。

Neurim Pharmaceuticals、アルツハイマー病のアドオン薬Circadin(R)がもたらす有効性について研究成果を発表

テルアビブ(イスラエル)、 2014年5月27日/PRNewswire/ --
Neurim Pharmaceuticalsは本日、アルツハイマー病(AD)の標準治療に用いられるアドオン薬Circadin(R)(メラトニン2mg、徐放性)の安全性と有効性を評価する、探索的第II相プラセボ対照無作為化臨床試験の結果を発表しました。「Clinical Interventions in Aging(エイジングに対する臨床的措置)」誌に掲載された本研究では、AD患者の認知能力および睡眠の質の維持について、同薬の有効性が示されています。

(ロゴ: (リンク ») )

「内因性メラトニンレベルは、前臨床期アルツハイマー病(プレクリニカルAD)で既に減少しています。メラトニンは質の良い睡眠にとって重要であり、最近になって睡眠の質がADに関連していることが明らかになってきたので、不足しているホルモンを補完することがAD治療において有効か、そしてその補完が睡眠の改善につながるか、といった研究の意義は大きいのです。」と、Neurim Pharmaceuticalsの臨床試験担当主任Tali Nir博士は言いました。

本研究では、軽度から中等度のアルツハイマー病と診断された80人の患者(不眠症との共存ありまたはなし)が標準的な治療(メマンチンありまたはなしのアセチルコリンエステラーゼ阻害剤)を受けている状態で、24週間にわたり毎晩、無作為にCircadin(R)を2 mgまたはプラセボを二重盲検法で投与されました。それによるとCircadin(R)を6ヶ月間投与された患者は、手段的日常生活動作(IADL)とミニメンタルステート検査(MMSE)において、プラセボよりも臨床的に意義のある、より優れた認識能力を発揮したことが報告されています。なお、認知機能を評価する平均ADAS-Cog(アルツハイマー病評価尺度)ではグループ差は認められませんでした。またCircadin (R)の投与では、ピッツバーグ睡眠の質指数(PSQI)のコンポーネント4により測定される睡眠効率も改善しました。共存症として不眠症を患っている患者のサブグループでは、平均IADL(p = 0.032)、MMSE(+1.5対-3ポイント、 p=0.0177)の睡眠効率(p = 0.04)、およびADAS- Cogの中央値(-3.5対+3ポイント、p = 0.045)における対プラセボで、有意かつ臨床的に有効でした。なお、忍容性は良好でした。

「アドオン薬のCircadin (R)を6ヶ月間、軽度から中等度のAD患者に対して投与した場合の認知機能と睡眠機能に関する今回の有望なデータは、同薬の有効性と安全性を証明しており、その結果について大きな喜びを感じています。今回の研究発表は、睡眠障害と、AD発症に関係がある脳内におけるβアミロイドの蓄積との因果関係が発見されたエキサイティングな時期と重なっています。」と、Neurim Pharmaceuticals のCSO であるZisapel教授は述べ、次のように続けています。「この研究は、アルツハイマー患者の認知機能と睡眠機能の両方を治療する上で、良質な睡眠とメラトニン動作のメカニズムがいかに重要であるか、そしてAD治療におけるこのメカニズムをさらに追究すべきであるという方向性を示しています。」  

Circadin(R)について:
Circadin(R)は55歳以上の患者を対象にした原発性不眠症の治療目的で、世界中の規制当局によって承認された新しい睡眠薬剤です。睡眠の質および誘導の改善、日中の認知能力を損なうことがない、といった有効性に基づき承認されています。

Neurim Pharmaceuticalsについて:
Neurim Pharmaceuticalsは、神経科学分野の創薬・開発事業を展開し、脳の修復・補完目的の薬品を製造する製薬会社です。Circadin(R)は同社初の承認薬であり、40カ国以上で販売されています。同社の末期疾患治療向けのパイプライン製品には、小児不眠症治療薬の徐放性メラトニンのミニタブ、睡眠障害やアルツハイマー病治療薬のPiromelatineがあります。

連絡先詳細:
Eran Schenker博士
Erans@Neurim.com
電話: +972-3-768-4914

情報元: Neurim Pharmaceuticals

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]