ビッグデータ応用したデータジャーナリズム活用実験を開始 IIJ-IIとジェイ・キャストが協業

株式会社ジェイ・キャスト 2014年06月24日

From 共同通信PRワイヤー

2014年6月24日

株式会社IIJイノベーションインスティテュート
株式会社ジェイ・キャスト

IIJイノベーションインスティテュートとジェイ・キャストが協業し
ビッグデータ解析を応用したデータジャーナリズムへの活用実験を開始
-- Wikipedia都道府県カテゴリランキングを「Jタウンネット」で公開 --

株式会社IIJイノベーションインスティテュート(東京都千代田区、代表取締役社長 浅羽登志也、以下 IIJ-II)と株式会社ジェイ・キャスト(東京都千代田区、取締役社長 大森千明、以下ジェイ・キャスト)は、ビッグデータ解析技術をデータジャーナリズム(※)に応用する共同実験として「Wikipedia都道府県カテゴリランキング」を開発し、本日より地域情報サイト「Jタウンネット (リンク ») 」に掲載を開始しました。

「Wikipedia都道府県カテゴリランキング (リンク ») 」とは、IIJ-IIが、自社の研究開発プロジェクト「Project Gryfon(プロジェクト・グリフォン) (リンク ») 」で手がけるビッグデータ解析技術の応用事例として2013年6月に公開した「Wikipediaページビューランキング」をもとに、IIJ-IIとジェイ・キャストが共同開発したものです。Wikipediaのなかで、都道府県に紐付けられたトピックのアクセスを集計し、各地域のランキング表示を行います。ジェイ・キャストが運営する「Jタウンネット」とサービス連携し、Jタウンネットのトップページなどにその都道府県のランキングを自動的に配信し、掲載します。Jタウンネットの読者は、ランキングにより、その地域の社会的注目を集めるトピックをご覧いただけます。さらに該当トピックのtwitter検索へのリンクを配置することにより、トピックの注目要因などを見てとることができます。
本共同実験では、ランキングの掲載だけでなく、地域別の順位変動や、地域横断で見た際に見られる差異などからニュースの芽をみつけて記事化し、「Jタウンネット」「J-CASTニュース (リンク ») 」に掲載していく予定です。

今後は、ジェイ・キャストが運営する他の媒体「J-CASTニュース」「東京バーゲンマニア (リンク ») 」なども活用し、継続してビッグデータのデータジャーナリズムへの活用実験を行ってまいります。近年、ビッグデータは注目を浴びていますが、社会に役立つ利用法は開発途上です。両社は、IIJ-IIの技術力とジェイ・キャストのメディア力を使い、社会に貢献し、ビジネスに展開できる企画を進めてまいります。

(※)データジャーナリズム
主にネットなどに公開されたデータを収集・分析し、それらをわかりやすく伝えるという、近年注目されている新しい報道手法。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。