◎仏IFPENがエコドライビングのアプリGECOを設計

IFP Energies nouvelles (IFPEN) 2014年06月24日

From 共同通信PRワイヤー

◎仏IFPENがエコドライビングのアプリGECOを設計

AsiaNet 57149
共同JBN 0695 (2014.6.24)

【リュエイユマルメゾン(フランス)2014年6月23日PRN=共同JBN】フランスの公的研究・訓練機関であるIFPENのエンジニアは、自動車運転中の燃料消費量を減らすことを目的とするアプリケーション考案に革新的な科学的アルゴリズムを採用した。

 ( (リンク ») )
 ( (リンク ») )
 (Logo: (リンク ») )
 (Photo: (リンク ») )

▽すべてにとってのエコドライビングがGECOによって今や現実に!
自動車運転アプリGECOは都市を走るドライバーを誘導するよう設計され、これまで以上に燃料効率が良く、環境に優しい運転行動の採用を支援する。その目的は? 平均速度を落とす必要なく燃料消費を減らすことである。その目指すところは? 燃料消費量を10%から15%減らすことである。ドライバーは消費量を減らすことによって、費用が減るととともに汚染物質と二酸化炭素(CO2)を減じる。

▽その働きは?
スマートフォンのセンサーを利用して、そのアプリケーションは特定の自動車旅行に基づいて採用する理想的な運転行動をリアルタイムに計算する。アプリはその後、ドライバーが採用した実際の行動と比較する。ドライバーの採点とエネルギー性能をスクリーン上に表示し、ドライビング全体を向上する目的でリアルタイムの助言を提供する。GECO-drivers 2.0のオンラインコミュニティーはまた、ドライバーがその結果を比較して、エコドライバーになれるようにしてくれる。

▽GECOは未来のスマート、コネクテッドカーへの第1歩
すべての人に無料のアプリケーションであるGECOは、革新的(リアルタイムにドライビングを評価するアルゴリズムの基づいている)、柔軟(ドライビングの助言、数多くの
の計算パラメーター、自動評価)かつ利用しやすいアプローチを提供する。このアプリは現在の進行方向に適合し、環境に責任を持って、未来のいわゆるコネクテッドカーにこの種の機能を統合することをあらかじめ想定している。

詳しい情報は (リンク ») を参照。

▽エコドライバー・コミュニティーに参加して、Facebookでアプリをダウンロード
IFP Energies nouvelles(IFPEN)はフランスの公的な研究・訓練センターである。IFPENはエネルギー、輸送、環境の分野をカバーするグローバルな視野を持っている。研究から産業までのテクノロジー・イノベーションは、その全活動の中心である。 (リンク »)

ソース:IFP Energies nouvelles (IFPEN)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。