クォーター制を活かした国際教育プログラム Waseda Summer Session 2014、6月23日より開始

早稲田大学 2014年06月24日

From 共同通信PRワイヤー

2014-06-24

早稲田大学広報室広報課

Waseda Summer Session 2014、6月23日より開始
クォーター制を活かした国際教育プログラム

 6月23日より4週間、外国大学の在学生や留学から帰国直後の本学学生等を対象とした、Waseda Summer Session 2014が始まります。13の国・地域の32大学から78名の学生が政治、歴史、文化といった6コースのうち2コースを選び学んでいきます。日本の経営・経済の現状と展望を探る「Business I」や、ゴジラやポケモンなどのポップカルチャーと社会問題との関係性を考える「History I」、人種問題の歴史について学ぶ「History II」、新潟の農村にて民宿に泊まりがけの農作業をする「Field work」など多彩なプログラムが予定されています。

 なお、本学では2013年度から1年を4つの授業実施期間に分ける「クォーター制」を導入しましたが、Waseda Summer Session 2014はこのクォーター制のメリットを活かすプログラムとして実現したものです。早稲田大学の教員だけでなく、The Chinese University of Hong Kong, University of Minnesota, Twin Cities, University of Texas at Austinなどから招聘した海外大学教員の講義も行われます。

 Summer Sessionの詳細および参加国・参加大学は、ニュースリリース (リンク ») をご参照ください。

【リンク】
ニュースリリース (リンク »)
Summer Session 公式サイト (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]