かもめエンジニアリング、数千万ユーザに対応可能な統合認証基盤の提供を開始

かもめエンジニアリング株式会社 2014年06月25日

From ValuePress!

かもめエンジニアリングは、10万ユーザ以上の「大規模システム向け統合認証ソリューション」の提供を開始します。オープンソースのシングルサインオン・ソフトウェア「OpenAM」と、多くの大手通信業で導入済みの高速認証DBエンジン「KFEP」とを組み合わせ、数千万ユーザ規模での認証を実現します。

かもめエンジニアリング、数千万ユーザに対応可能な統合認証基盤の提供を開始
~OSSのOpenAMと多くの大手通信業で導入済みの高速認証DB KFEPとで実現~

かもめエンジニアリング株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:潮村 剛、以下「かもめエンジニアリング」)は、10万ユーザ以上の「大規模システム向け統合認証ソリューション」の提供を開始します。
本ソリューションは、オープンソース(OSS)のシングルサインオン・ソフトウェア「OpenAM」と、多くの大手通信業で導入済みの高速認証DBエンジン「KFEP」とを組み合わせ、数千万ユーザ規模での認証やシングルサインオンを実現します。

(参照) (リンク »)


(高すぎる商用製品のソフトウェアコスト)
インターネットによるメーカー直販や、商品のフィードバックを受けるためのSNSなど、企業がインターネットを通じて直接消費者とコミュニケーションする動きが広がっています。このような場合、ユーザ数は数十万人から数百万人規模になることもめずらしくありません。
このようなシステムの認証(シングルサインオン)において、商用製品を採用すると、ユーザ数に応じたライセンス費用がかかるため、膨大なソフトウェア費用がかかってしまいます。


(LDAPの性能限界)
また、統合認証基盤(シングルサインオン)の認証DBとしてはLDAPが使用されることが多いですが、一般的にLDAPは10万ユーザ程度が性能限界であると言われています。
このため、数十万人から数百万人規模の認証基盤を構築する場合は高額な商用DBMSを導入せざるを得ないなど、技術的、費用面での大きな課題となっています。


(OSSのOpenAMと、多くの大手通信業で導入済みの高速認証DB KFEPとで解決)
 そこでかもめエンジニアリングは、シングルサインオン・ソフトウェアにOSSのOpenAMを採用。また、認証DBに、多くの大手通信業で導入済みの高速認証DBである「KFEP(当社製品)」を組み合わせることで、数千万ユーザ規模まで拡張可能な統合認証ソリューションを開発しました。


 従来のOpenAMでは、複数台のサーバでクラスター構成を構築した場合、サーバ間のメモリ同期により性能が劣化する問題がありましたが、本ソリューションではデータは全てKFEPで管理しており、OpenAMサーバ間でのデータ同期が必要ないため、OpenAMサーバを増設することによる拡張が可能です。
 また、高速認証DBのKFEPは、独自の特許技術により高い性能と拡張性を有しており、既に多くの大手通信業の認証基盤として導入され、数千万ユーザ規模の認証を実現しています。


(今後3年間で10社以上に導入)
かもめエンジニアリングは今後3年間で、本ソリューションを20社以上に導入していきます。

なお、以下のセミナーで、本ソリューションを紹介致します。
「明日の認証会議 ~社会インフラ的大規模サービスを支える今の認証技術/事例と、次世代のDiameter」~
 日時:2014年7月4日(金) 14:00
 場所:株式会社オージス総研 東京本社
 詳細: (リンク »)

かもめエンジニアリングは、今後も社会や企業からのニーズが高まっている大規模認証の分野で、高い技術力をもって貢献していきます。


(参考)かもめエンジニアリング株式会社について
設立   2008年5月1日
代表者  代表取締役 潮村 剛
資本金  2,000万円
事業内容 コンピュータソフトウェアおよびハードウェアの研究、開発、販売、サポート
所在地  東京都品川区上大崎4-5-37
URL    (リンク »)  (企業ホームページ)
      (リンク »)  (ソリューションページ)
主要製品 分散KVSストレージ 「KFEP(ケイフェップ)」
     国内携帯電話キャリアの利用者接続制御や、
     大手回線ホールセラーの利用者アクセス制限など、
     速さと大量処理を必要とする最前線の現場で運用されている。


(参考)KFEPについて
 KFEPは、ユーザ数が数十万~数千万規模の大規模システムにおける、認証エンジンです。大手通信会社のネットワーク認証システムにおいて、業界トップクラスの導入実績があります。かもめエンジニアリングの独自の特許技術をベースに開発されており、サーバ1台で秒間1万リクエスト以上の処理性能を誇り、またサーバを追加することで性能を拡張することが可能です。


(参考)OpenAMについて
 OpenAMはオープンソースのシングルサインオン・ソフトウェアです。旧サン・マイクロシステムズの製品であるSun Access Managerを同社がOpenSSOの名称でオープンソースとして公開しました。現在はForgeRock社がOpenAMの名称で開発を継続しています。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:かもめエンジニアリング株式会社
担当者名:徳川
TEL:03-6420-3177
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]