フォーラムエイト、バーチャルリアリティUC-win/Road Ver.10を発表。IVR展で展示、デモ

株式会社フォーラムエイト 2014年06月25日

From 共同通信PRワイヤー

2014年6月25日

株式会社フォーラムエイト

フォーラムエイト、バーチャルリアリティUC-win/Road Ver.10を発表。
IVR 第22回 3D&バーチャルリアリティ展で展示、デモ
~DWGツールによるCIM支援と3DCADライノセラス連携~

 株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL: (リンク ») )は、2014年6月末、バーチャルリアリティUC-win/Road Ver.10をリリースいたします。今回の改訂では、VR空間モデルを3D図面化する「DWGツール」によるCIM支援、3DCADライノセラス(Rhinoceros(R))と連携可能な「Rhinoプラグイン」などをはじめとした新機能をサポートしています。

 DWGツールでは、DWG/DXFファイルから道路断面・3Dモデルのインポートが可能となっており、3DVRモデルは道路・地形ごと、またはレイヤに分類の上エクスポートされ、表示色も設定できます。さらに、複数の鉄道車両モデルの同時走行表現などに対応した鉄道線形機能、より現実に近いシミュレーションを実現した群集流機能など、大幅な拡張に対応しています。

 フォーラムエイトは、6月25日より出展の「IVR 第22回 3D&バーチャルリアリティ展」 (東京ビッグサイト)で、UC-win/Road Ver.10の展示および最新カタログ配布、これらの新機能デモンストレーションを実施します。ブースでは、UC-win/RoadおよびVR-Cloud(R)の体験プレゼントを実施しています。

【UC-win/Road Ver.10の主な新機能】
・UC-win/Road DWGツール(DWG/DXF入出力)

・鉄道関連機能拡張
 -測量中心線・構造物中心線の導入 -距離程の定義 -緩和曲線、縦断曲線 -オフセットによる平面線形の作成 -カントの表現 -分岐器の表現 -走行する列車の表現

・群集移動シミュレーション機能拡張  
 -出発地点と目的地点の追加 -経路とリンクの種類の追加 -緩和曲線、縦断曲線 -パス探索アルゴリズムの改善 -歩行者のプロファイル -リアルタイムでの歩行者情報のログ取得

・Rhinoプラグイン
 -Rhinoceros(R)による3DモデルをUC-win/Roadの3D空間に表示

・ヘッドトラッキング機能
 -Kinect等のセンサからリアルタイム取得した視点位置情報をUC-win/Roadと連携
 
・Oculus Riftプラグイン
 -ヘッドマウントディスプレイOculus Riftと連携。視点追従、3D空間への没入性向上など

・運転診断プラグイン
 -運転者ごとに異なる採点基準を設定し評価結果を蓄積

・クラスター階層化
 -マルチユーザ機能を拡張し、シミュレーションでの高いFPSを確保

【関連情報】
▼3次元リアルタイムVRソフトウェア UC-win/Road
(リンク »)
▼フォーラムエイト IVR出展情報
(リンク »)
※Rhinoceros(R)は、Robert McNeel & Associates社の登録商標です。



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]