◎外為取引のFxProが2014年度第3四半期の見通しを発表

FxPro 2014年06月30日

From 共同通信PRワイヤー

◎外為取引のFxProが2014年度第3四半期の見通しを発表

AsiaNet 57218
共同JBN 0733 (2014.6.27)

◎外為取引のFxProが2014年度第3四半期の見通しを発表

【ロンドン2014年6月27日PRN=共同JBN】FxProは2014年第3および第4四半期のFX市場の調査見通しを発表、今後12カ月の金利予測も合わせて発表した。調査結果ExPro 2014H2 Fx Outlook.pdf (603KB)は以下のサイトにアクセスを:
( (リンク »)
271e60f4091bfd579714c1f866b3da029ec61580a961968e )

▽エグゼクティブサマリー
*今年初め、われわれは長期的なドル強気相場見通しで1年を始めたわけではなかったが、期待はずれのドル相場のパフォーマンス、主に第1四半期の米の弱含みの景気(それだけの理由ではないが)に依然としてとらわれている。
*各国中央銀行は歴史的に低いレベルの変動性の創出に寄与し、FX市場や他の市場にも浸透したが、経済の落ち込みが近づいており、もう少し不確実性をもたらす必要が生じる。
*われわれは上半期の英ポンドやユーロ相場では比較的正しい見通しを下したが円やオーストラリアドルではそうではなかった。
*英ポンドは今年イングランド銀行の利上げによる支援を継続されるだろう。
*オーストラリアドルは第3四半期にユーロと一緒にサポートされ続けるだろう。
*円は今年後半に弱含みになる可能性がある。

<編集者注意>

▽FxProについて
FxProは、受賞経験のある100%エージェンシーモデルのFXブローカーで、当社の利益はすべてクライアントと一体化している。FxProは、先端的な取引ツールで世界各地のクライアントにサービスを提供しており、アルゴリズム取引に対するFXソリューションを提供するリーダー企業であることを目指している。クライアントはMT4、cTrader、その他の自社開発投資プラットフォームであるFxPro SuperTrader* を利用して取引をすることができる。

FxPro UK Limitedは英金融行為監督機構(FCA、旧金融サービス機構)の認可を受け、その監督下にある(登録番号は509956)。FxPro Financial Services Limitedはキプロス証券取引委員会の認可を受け、その監督下にある(ライセンス番号は78/07)。

(リンク »)

FxPro SuperTrader* はFxPro Financial Services Limitedのクライアントだけが利用できる。

▽リスク警告
差金決済取引(CFD)は損失の高いリスクを伴う。

▽メディア問い合わせ先
    Media Relations
    FxPro
    +44-(0)20-7776-9720
    Email: pr@fxpro.com

ソース:FxPro  


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。