◎FleishmanHillardが「年間最優秀アジア・パシフィック・ネットワーク」に

FleishmanHillard 2014年06月30日

From 共同通信PRワイヤー

◎FleishmanHillardが「年間最優秀アジア・パシフィック・ネットワーク」に

AsiaNet 57222
共同JBN 0735 (2014.6.30)


【香港2014年6月28日PRN=共同JBN】FleishmanHillard(フライシュマン・ヒラード)は当地で開催されたPRWeek Asia Awardsで2014年の「Asia・Pacific Network of the Year(年間最優秀アジア・パシフィック・ネットワーク)」に選ばれた。このイベントはHaymarket Group発行の業界誌「PRWeek」が主催したもので、業界の進歩に貢献したアジア・パシフィック地区のコミュニケーター、エージェンシー、および作品を表彰している。

FleishmanHillardが最優秀アジア・パシフィック・ネットワークに選出されたのは同賞が13年前に始まって以来、今回が3回目になる。今回の受賞はPRWeekによって最初の「Global Agency of the Year(年間最優秀グローバル・エージェンシー)」に選出された同エージェンシーの栄誉をさらに増大することになった。

FleishmanHillardアジア・パシフィック担当社長のリン・アン・デイビス氏は「当社の高度にコラボレーション的な性格、革新的な精神、地域全般における堅調な成長に対してこのような名誉ある表彰を受け、喜んでいる」として次のように述べた。「この1年はいろいろな意味で重要な年だった。例えば、当社ブランドのリフレッシュを開始し、完全に統合的なエージェンシーに向けた当社のエボリューションを示したことはそのひとつだ。今年、当社全体の中で最も早い成長を遂げているこの地域で20周年を迎えることも特に意味深いものがある。当社は11カ国に19の自社所有のオフィスを構えており、価値観も顧客も共有する本当の意味でのネットワークであることを誇りにしており、実際に最重要顧客の多くに対して当社のアジア・パシフィック地域の複数のオフィスが協力してサービスを提供している」

PRWeekはFleishmanHillardを選出するに当たって「2013年は同ネットワークにとって『The Power of True』という新たなブランドの提案の開始にあたる画期的な年だった。Trueという言葉は同エージェンシーが旧来の広報活動の枠を超え、統合的なコミュニケーション・ソリューションの力を提供するユニークな能力を持つことを証言している。同ネットワークはこのビジョンを実行するコミットメントを維持し、(アジアで)組織的に前年比16%の成長を遂げている」と述べた。

さらに、FleishmanHillardの専門ブランドであるBlueCurrent Group(ブルーカレントグループ)がジョンソン・エンド・ジョンソンの1事業会社であるヤンセンファーマ向けの仕事によって「Employee Communications Campaign of the Year(年間最優秀従業員コミュニケーション・キャンペーン)」賞を受賞した。その上、FleishmanHillardは顧客の中軸向けの仕事に対して「Business-to-Business Campaign of the Year(年間最優秀B-to-Bキャンペーン)」部門で優秀賞を受けている。

デイビス社長は「当社チームはこの栄誉は当社クライアントの功績だと考えている。クライアントの寛大な信頼や評価がなければ当社の成功はなかった」として次のように述べた。「当社はまた世界のFleishmanHillardネットワークのすべての人に対して毎日のようにアジア・パシフィック地区の同僚を援護し、当社を働きがいのある場所にしてくれたことに感謝したい」

▽FleishmanHillardについて
FleishmanHillardはパブリック・リレーション、パブリック・アフェアー、マーケティング、記事体広告、トランスメディア、ソーシャル・コンテンツに特化した最も完全なグローバル・コミュニケーション企業である。FleishmanHillardは同社の高い価値観を反映した「The Power of True」、および前例がないほど信頼性と透明性を要求するに至った現代世界で顧客の道案内になるユニークな能力を約束通り提供する。FleishmanHillardはPRWeekの2014年「Global Agency of the Year」、アドバタイジングエージによる2013年Aリストの「Standout Agency」、全米女性経営者協会(NAFE)の2010-2014年「Top 50 Companies for Executive Women」、そしてPRWeek の2013年「Best Places to Work」を受賞している。同社の受賞作品は「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」などで広く伝えられている。FleishmanHillardはオムニコム・グループの1事業部門であるDAS Group of Companiesの1部門で、30カ国で85を超えるオフィスを擁し、42カ国に提携企業を持っている。詳しい情報はウェブサイト(www.fleishmanhillard.com)を参照。

▽The DAS Group of Companiesについて
DAS Group of Companiesはオムニコム・グループ(NYSE: OMC、www.omnicomgroup.com)の1事業部で、世界的なマーケティング・サービス企業のグループである。DAS傘下の企業は200社を超え、以下のマーケティング分野で活動している:特殊、PR、ヘルスケア、顧客関係管理、イベント、プロモーション・マーケティング、ブランディング、研究。DASは複数のネットワークおよび地域的な組織を組み合わせる形で活動しており、71カ国の700を超えるオフィスを通じて国際的、地域、国内、および地方の顧客にサービスを提供している。

ソース:FleishmanHillard

▽問い合わせ先
Kitty Lee, +852-2586-7861、kitty.lee@fleishman.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]