TAS Energyが特許権訴訟で和解

TAS Energy Inc. 2014年09月11日

From 共同通信PRワイヤー

TAS Energyが特許権訴訟で和解

AsiaNet 57833(0968)

【ヒューストン(米テキサス州)2014年9月11日PRN=共同通信JBN】電力発電業界向けにクリーンでモジュラー方式のエネルギー・ソリューションを提供する世界的な技術企業TAS Energy Inc.は11日、San Diego Gas & Electric(SDG&E)がPalomar Energy Centerに敷設したタービン吸気冷却システムに関する特許権侵害訴訟で和解したと発表した。訴訟では、TAS EnergyはSDG&EがGEから購入したPalomarの冷却システムはTAS Energyの特許を多数侵害していると主張していた。

TAS EnergyのJ・T・グラムスキー最高経営責任者(CEO)は「GEおよびSDG&Eとの間でこのような建設的な和解に至り、大変喜んでいる。現在、TASには当社が特許を取得している冷却/発電貯蔵ソリューションに関して顧客から重大な関心が寄せられている。私としてはGEとの関係は、両社顧客の相互利益のために、今後も強化していきたいと考えている」と述べたとされる。今回の和解の一部としてGEとSDG&EはTAS Energyから係争対象のPalomarの施設で使われていた冷却システムに関する特許のライセンスを取得した。その他の解決条件は明らかにされていない。

▽問い合わせ先
Jessica Salinas, 1-713-877-8700, marketing@tas.com

ソース:TAS Energy Inc.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]