gloops スマートフォンゲーム市場に向けた事業戦略を発表

gloops 2014年10月15日

From PR TIMES

ネイティブアプリ計6タイトルを年内に展開



 株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田 秀行、以下「グループス」)は、本日2014年10月15日(水)、同社のスマートフォンゲーム市場に向けた事業戦略を発表いたしました。

 国内のモバイルゲーム※1 市場は引き続き拡大しており、市場規模は2013年に約7,000億円、2014年は前年を上回る9,000億円規模に迫る成長を遂げると予測しています(次頁参照)。特に「ネイティブアプリ※2」市場の成長は著しく、2013年10-12月期以降は、「ブラウザゲーム※3」を市場規模で上回っております。

 こうした市場環境の変化に対し、グループスは今後も急速な成長が見込まれるネイティブアプリ市場へ本格参入し、ゲームタイトルの開発を強化していくことを決定いたしました。現在開発を進めておりますネイティブアプリのうち、幅広いお客様にお楽しみいただける様々なジャンルのゲーム計6タイトルを、すべて2014年内に展開いたします。

<発表済みのタイトル>
[画像1: (リンク ») ]

スカイロック - 神々と運命の五つ子 -
(公式サイト   (リンク ») )
神の血を引く運命の五つ子たちが魔者(マモノ)を駆使し、冥界神サタナスの復活を阻止すべく冒険するRPGです。重厚なストーリー、魅力的なキャラクター、ハイクオリティな3Dグラフィックなど、スマホRPGの王道と呼ぶにふさわしい大作です。
[画像2: (リンク ») ]

トイズドライブ
(公式サイト   (リンク ») )
株式会社ブシロードとの共同開発による「歌で戦うRPG」。「探偵」と「怪盗」と呼ばれる存在がしのぎを削る大探偵時代を舞台に、特殊能力(トイズ)の「ソングドライブ」を操り「歌の力」で戦う、新感覚タップバトルゲームです。

<発表予定タイトル>
・ネイティブアプリの表現力を活かした”フル3Dのアクション”
・パズルに新たなゲーム要素を融合した”アクティブ召喚バトル”
・ネイティブアプリとして進化した”リアルタイムバトルゲーム”
・「Project:SHIFT」 (10月22日(水)に新情報を発表いたします)

各タイトルの正式名称、ならびに詳細については、今後順次ご案内いたします。
[画像3: (リンク ») ]

 グループスでは今後も、モバイルゲームというエンターテインメントを通じて、コミュニケーションの価値を追求し、より多くの皆様に「もっとオモシロイ」と思っていただけるサービスの提供を目指してまいります。

※1 携帯電話、スマートフォンなどのモバイル端末上でプレイするゲーム
※2 App Store、Google Playなどのアプリマーケットを通じてダウンロードするゲームアプリケーション
※3 SNSプラットフォームを通じて提供され、携帯電話・スマートフォンのブラウザ上でプレイするゲーム

<参考資料>
[画像4: (リンク ») ]

コピーライト表記 (C) gloops, Inc.
本リリースの文章、提供した画像データ等を、本件に関する記事以外の目的で使用することを禁止します。


■株式会社gloops (グループス) について    (リンク »)
 グループスは、インターネット上で様々な人とコミュニケーションを取りながら遊ぶソーシャルゲームの開発・運営を行うソーシャルアプリケーションプロバイダです。現在までに、バトル系シリーズである「大乱闘シリーズ」、スポーツ系シリーズである「大熱狂シリーズ」などを中心としたソーシャルゲームの開発・運営を行っております。

設立:2005年8月2日
代表取締役社長:池田 秀行
事業内容:ソーシャルアプリケーション事業

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]