編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

中国国際航空 中国の航空会社として初めてボーイング747-8を導入

中国国際航空

From: Digital PR Platform

2014-10-29 16:09


中国国際航空(CA:エアチャイナ 本社:北京)は、中国の航空会社として初めてボーイング747-8を受領し、10月11日より北京-広州線に投入しました。

投入に伴い、北京で開かれたセレモニーでは、ボーイング747-8機の内装や、アップグレードされたエンターテイメントシステムが披露されました。
客室の内装は中国国際航空のロゴをデザインした中国の著名芸術家韓美林先生が今回も担当しています。デザインには中国伝統文化の要素を取り入れ、雲、土、鳳凰をモチーフとし、客室に入った瞬間から中国文化を感じてもらえるようにデザインしました。また、搭乗客にはより快適に寛いでいただくために、機内エンターテイメントも全面的にアップグレードしました。ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスと、どのクラスの座席でも映画をはじめとするエンターテイメントを楽しんでいただけるほか、電源やUSBポートも提供します。

随時、国際便にも投入していく予定なので、どうぞご期待ください。
中国国際航空は、日ごろからご愛顧いただいているお客様にとって、より魅力あるサービスの提供を目指してまいります。


中国国際航空(CA:エアチャイナ)とは
中華人民共和国のナショナルフラッグキャリアで、1949年に設立された航空会社(当時社名は 中国民航、のち分社化)。保有機材は、ボーイング機・エアバス機合わせて300機以上を保有し、日本、そして世界各地と中国を結んでいます。1974年9月に東京・大阪に就航。現在では、東京(成田・羽田)、大阪、札幌、仙台、広島、名古屋、福岡、沖縄の8都市と中国を結ぶ路線を運航 しています。スターアライアンスメンバー。
ホームページ:日本 www.airchina.jp 本社 www.airchina,com (中国語・英語)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]