編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Eric Betzig氏、Stefan W. Hell氏、William E. Moerner氏 超解像蛍光顕微鏡開発に、ノーベル化学賞受賞

ライカマイクロシステムズ株式会社

From: Digital PR Platform

2014-10-30 16:45


米ハワード・ヒューズ医学研究所のEric Betzig氏、独マックスプランク生物物理化学研究所のStefan W. Hell氏、米スタンフォード大学のWilliam E. Moerner氏の3氏が、「超高解像度の蛍光顕微鏡の開発」に関する業績により、2014年ノーベル化学賞を受賞しました。

ドイツ マックスプランク生物物理化学研究所のStefan Hell博士は、4Pi 、STEDを発明し、それぞれ2004年、2007年にライカマイクロシステムズによって、世界初の超解像顕微鏡として製品化されました。

Stefan Hell博士と、ライカマイクロシステムズとの密接な関係により、超解像顕微鏡の世界初の製品化が可能となりました。

Stefan Hell博士が、超解像顕微鏡の開発について語るインタビュービデオ:
(リンク »)

超解像顕微鏡 ライカ TCS SP8 STED 3X:
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]