「S.T.E.P トータルサポートサービス」の提供開始について

北海道総合通信網株式会社 2014年12月15日

北海道総合通信網株式会社(略称:HOTnet/本社:北海道札幌市/取締役社長:宮本 英一)は、「S.T.E.P トータルサポートサービス」を下記の通り本日より開始いたします。
本サービスは、現在提供している運用支援ソリューションやS.T.E.P SC2への移行を支援するP2Vサービスに加え、データバックアップの際の記憶媒体の物理搬送や各種ソフトウェアインストール代行作業等のサービスメニューを統合し、よりお客様の業務支援を実現するものです。

トータルサポートサービスの概要
トータルサポートサービスは、24時間365日の体制でお客様に代わってサーバやネットワーク機器の監視・通知・障害発生における操作代行を実施する「運用支援サービス」と、物理サーバから仮想化サーバ(弊社S.T.E.P クロスファンクション ファイルサーバまたはS.T.E.P SC2サービス)への移行や大容量データを保存した記憶媒体の物理搬送、S.T.E.P SC2サービスへの各種ソフトウェアやサーバ証明書のインストール代行を実施する「アドオンサービス」からなるサービスです。
手間のかかる業務を弊社にアウトソースして頂くことにより、コアビジネスに注力して頂けます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

北海道総合通信網株式会社の関連情報

北海道総合通信網株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]