編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

LegrandがCES 2015にコネクテッドスマートホーム向けソリューション展示

Legrand

From: 共同通信PRワイヤー

2015-01-06 16:28

LegrandがCES 2015にコネクテッドスマートホーム向けソリューション展示

AsiaNet 59097(0029)

【リモージュ(フランス)2015年1月6日PRN=共同通信JBN】ラスベガスで開かれる2015インターナショナルCES(International Consumer Electronics Show、国際家電ショー、1月6-9日)は、フランスのLegrand Group(ルグラングループ)にとってインターネット・オブ・シングス(IoT)に基づくコネクテッドスマートホーム向けの幅広いソリューションを展示する機会である。

ラスベガスのCES会場で、ビル用電気・デジタルのインフラストラクチャーの世界的専門企業で、住宅・ホームオートメーション向け設備部門の世界リーダーであるLegrandは、自宅の回線と統合された新しいコネクテッドオブジェクトを展示する。

CES訪問客は、Legrandの最も広く分散している世界回線の美学の中で、数多くのスマート能力を見たり,試したりすることができる。スマート機器は照明、カーテン、シナリオ・オートメーションを扱うために使用され、ボタンを押したり、ノブを回したり単純なアプリで作動することができる。スマートフォンやタブレットを通じて遠隔操作などに伝統的なローカルモードで動作することができる。訪問客はIoT/Homeオートメーション専用パビリオンで、スマートホーム向け無線ソリューションを開発、製造している企業の世界的団体である、ZigBee(R)アライアンスに割り当てられたSmart Home領域の展示スタンドでLegrandのスマート機器を見ることができる。

CESはLegrandのZigBee(R)3.0統一規格を採用している新しいコネクテッドソリューションおよび新しいスマート機器の両方を見つけることができる国際展示場であり、これらは別のメーカーの照明器具や機器など家庭内の同様の製品と通信して、完全な相互運用が現実になる。

Legrandは共通のテクノロジーに基づいてインターネット・オブ・エブリーシングス(IoE)に対する製品、システム、サービスの世界的採用を推奨するオープンソースのコンソーシアムであるAllSeen Allianceのメンバーである。この言語応答を利用するLegrandのスマート製品は、クアルコム(Qualcomm)の展示スタンドに展示される。

インターネット・オブ・シングス(IoT)は、最近ではますます重要なテーマになっている。Legrand Groupのイノベーション・システム担当ディレクターのファブリツィオ・ファブリツィ氏は、IoTはスマートハウスの一連の開発ラインの重要な1つであるため、われわれがこの世界の一翼を担うのは重要なことであると語った。同氏によると、Legrand Groupは家電を専門とする世界で最も重要なイベントであるCES会場で同社ソリューションを展示して、住宅用ソリューションにおける世界的な標準点としての同社の役割を再確認することを決定した。

▽Legrandについて
Legrandはビル用電気・デジタルのインフラストラクチャーの世界的専門企業で、2013年の売上高は45億ユーロに近づいていると報告されている。同社はNYSE Euronext市場に上場されており、CAC40、FTSE4Good、MSCI World、Corporate Oekom Rating、DJSI(ISIN code FR0010307819)など指数を構成する株式である。

ソース:Legrand

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]