編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

電通、東アジアカップなどEAFF主催大会における2016年~2021年の全世界マーケティング権・放送権を取得

株式会社電通

From: 共同通信PRワイヤー

2015-01-20 15:15

2015年1月20日

株式会社電通

電通、東アジアカップなど東アジアサッカー連盟(EAFF)主催大会における
2016年~2021年の全世界マーケティング権・放送権を取得

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、一般社団法人東アジアサッカー連盟(以下「EAFF」)※が2016年から2021年までに主催する全ての大会における、全世界のマーケティング権および放送権(インターネット含む)を継続して取得することでEAFFと合意いたしました。
EAFFの主催大会には、EAFF東アジアカップをはじめ、EAFF女子東アジアカップ、大会予選やU-18ユース大会が含まれます。
電通は、2003年の初回大会からEAFF主催大会のマーケティング権および放送権を取得しており、今回の契約で3度目の更新となります。(過去2回の契約は、2003年~2008年および2009年~2015年)
今後も電通とEAFFは、長年培ってきた相互関係とスポーツビジネスの知見を生かし、大会とサッカー界のさらなる発展に貢献してまいります。

以 上


※  東アジアサッカー連盟(EAFF:East Asian Football Federation)/ 2002年5月に、地域内のサッカーの発展とサッカーを通じた平和への貢献を目的に設立。2003年から2年に1度開催する東アジアサッカー選手権を主催。2013年大会より現在の名称(東アジアカップ)に変更。現在の会長は中国サッカー協会の副会長並びに専務理事である張剣(Jian Zhang)氏。現在、中国、チャイニーズ・タイペイ、グアム、香港、日本、北朝鮮、韓国、マカオ、モンゴル、北マリアナ諸島の10の国・地域のサッカー協会が加盟している。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]