リスティング広告運用支援ツール「Lisket」が「BASE」と連携、BASE APIを利用しリスティング広告入稿データを自動生成

株式会社カルテットコミュニケーションズ 2015年02月05日

From DreamNews

リスティング広告の専門会社として、運用代行や運用支援ツールの開発を行う株式会社カルテットコミュニケーションズは、運用支援ツールサービスであるLisket( (リンク ») )において、無料ネットショップサービスBASE( (リンク ») )のAPIを利用し、商品データからリスティング広告の入稿データの自動生成機能の提供を2015年1月28日に開始しました。

Lisketはリスティング広告の専門会社のカルテットコミュニケーションズが独自開発をしているYahoo!・Googleのリスティング広告のアカウントの構築ツールやレポート作成ツール、競合企業の広告文リサーチツールや掲載先のリサーチツールなどをはじめ、メールフォーム作成ツールやGoogle Analyticsレポート作成ツールなど、WEBマーケティング全般に必要な機能も揃ったマーケティングプラットフォームです。

BASEは無料でネットショップを開設できるサービスで、今回BASEが提供する「BASE API」を利用することで、ネットショップに登録された商品データからリスティング広告に必要な、キーワードを抽出、自動生成し、Yahoo!やGoogleへ入稿可能なデータをLisket上で一瞬で作ることができるようになりました。

Lisketは日本企業のWebマーケティング力を向上させることを目的としています。現在、7500ユーザー以上の企業やユーザーにご利用いただいております。

【本件のお問い合わせ先】
株式会社カルテットコミュニケーションズ
広報担当:原由紀美
TEL:052-684-5841
Email:info@quartet-mail.com

【URL】
コーポレートサイト  (リンク »)
Lisketオフィシャルサイト  (リンク »)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。