MobileIronがAndroid for Workに対応

MobileIron 2015年02月26日

From 共同通信PRワイヤー

MobileIronがAndroid for Workに対応

AsiaNet 59585(0271)

【マウンテンビュー(米カリフォルニア州)2015年2月26日PRN=共同通信JBN】エンタープライズ・モビリティ管理(EMM)のリーダーであるMobileIron(NASDAQ: MOBL)は26日、Android for Workに対応するMobileIron Cloudを発表するとともに、Android for Work Enterprise Resource Center( (リンク ») )を立ち上げた。企業の従業員はネイティブ・ユーザーインターフェースで、普段から慣れ親しんでいるアプリにアクセスできるようになる。IT部門は企業セキュリティーを実現する一元的な方法を確保するとともに、個人のプライバシーの保護、あらゆるAndroidアプリのセキュリティー確保と管理、異なるAndroid機器の管理を実行できる。MobileIronは、Android for Workプレビューを顧客に提供できる厳選されたEMMベンダーの1社である。

Logo - (リンク »)

Android for Work機能は、EMMプラットフォームを使用すれば実装できる。MobileIron CloudはAndroid for Workをサポートしており、IT部門が信頼できないアプリケーションが引き起こすデータロスを防ぎ、ネイティブな電子メール、カレンダー、コンタクト先をセキュアに展開し、Androidアプリの管理、コンフィギュレーション、コンテナ化を単純化する。

Android for Work Enterprise Resource Centerでは、情報の包括的セットを提供し、企業のネットワーク展開を支援する以下のトレーニング素材を提供する。

*ウェビナーの内容:最新の企業向けAndroid OSリリースに関してIT責任者が押さえておきたいポイントについて
*セッションは2月26日午前10時(太平洋標準時刻)に開始
セッションの内容の確認、参加登録は以下のサイトを参照。 (リンク »)
*ホワイトペーパー:「企業にとってのAndroid for Workとは」は以下のサイトを参照。
(リンク »)
*インフォグラフィック:「IT管理者が知っておくべき10項目」は以下のサイトを参照。
(リンク »)

MobileIronの戦略担当バイスプレジデントであるオージャス・リジェ氏は「Android for Workは企業の生産性とセキュリティー向けツール一式を提供しており、それらはプラットフォームに関して企業が抱える2つの大きな懸念、すなわちセキュリティーとフラグメンテーションに対応するよう設計されている。Android for Workにより、当社の顧客企業がAndroidの導入に拍車をかけると考えている」と述べている。

▽MobileIronについて
MobileIronは、世界中の企業のモバイルファースト(Mobile First)を実現する基盤を提供している。詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

▽問い合わせ先
Sara Day, MobileIron
sara@mobileiron.com
+1-650-336-3123

ソース:MobileIron

モバイルアイアン・ジャパン
広報担当:中村
03-6205-3425
japan@mobileiron.com

モバイルアイアン広報担当
株式会社井之上パブリックリレーションズ 横田、佐藤
03-5269-2301
mobileiron@inoue-pr.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。