編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Xbox One向けのFruit Ninja Kinect 2は拡大し、ジューシーに

Hibernum Creations

From: 共同通信PRワイヤー

2015-03-02 10:30

Xbox One向けのFruit Ninja Kinect 2は拡大し、ジューシーに

AsiaNet 59630 (0291)

【モントリオール(カナダ)2015年2月28日PRN=共同通信JBN】
*クラシックなKinectパーティーゲームの後継ゲームが3月18日に世界発売される

Halfbrickは28日、Xbox One向けのFruit Ninja Kinect 2のリリースによってFruit Ninja現象は次世代まで続くことになると発表した。

カナダのモントリオールにあるHibernum Creationsが開発したFruit Ninja Kinect 2が3月18日Xbox One向けに発売され、5つの新ゲームモード、4人のマルチプレーヤー、新しいプログレッション・システム、キャラクターのラインアップ拡大が施されている。

Fruit Ninja Kinect 2は、第15回Annual Interactive Achievement Awardsで「Best Casual Game」を獲得した2011年のブレークアウト・ヒットの成功を基盤にして構築されている。Fruit Ninja Kinect 2はオリジナルタイトルの興奮をすべて盛り込んだうえに、家族全員が楽しめるように5つの新ゲームモードの機能を追加した。

それぞれのモードはBlueberry Moonフェスティバルで行われ、新しいFruit NinjaチームメンバーKatsuro、Mari、Han、Nobuのうちの1人がプレゼントする。プレーヤーは手裏剣から逃れ、竹林を切り開きながら突き進み、スポットライトを避けて、ステルスの真のマスターになる。

今回取り入れられたマルチプレーヤーモードによって、最大4人のプレーヤーがアクションに参加でき、BattleとPartyモードでは熟練したプレーヤーの腕前を試す最適な場所を提供する。新しいプログレッション・システムもあり、プレーヤーは試練を乗り越えれば刀、道場、帯を獲得できる。

Halfbrick Studiosチーフエグゼクティブのシャイニール・デオ氏は「これは、これまで開発された中で最も満足でき、パーフェクトで、手ごろなパーティーゲームである。新しいKinectセンサーは飛びぬけたものになっており、Fruit Ninja Kinect 2は最新のハードウエアを最大限活用するために全面的に作りなおされた」と語った。

デオ氏はまた「Fruit Ninjaはわれわれの宝物であり、これがあって現在のわれわれがある。われわれは今後も、とてつもない高品質の基準を守っていく。Hibernumはあらゆる面でわれわれの期待以上であり、ファンは最終製品にしびれると思う」と語った。

Hibernumの副社長で最高ブランド責任者のルイレネ・オークレール氏は「Fruit Ninjaのような素晴らしいブランドとともにコンソール市場に参入できたことを極めてうれしく思う。Halfbrickとこのゲームで協力できたことは楽しかったし、共同で開発したものを大いに誇りにしている」と語った。

Fruit Ninja Kinect 2はESRBの「E for Everyone」評価を受けており、Xbox Games Storeで14.99米ドルで購入できる。詳細についてはpress@halfbrick.com まで問い合わせを。

▽Halfbrickについて
Halfbrickはオーストラリア・ブリスベーンに本社を置く専門のゲーム開発スタジオである。2001年に創設され、モバイルおよびデジタルプラットフォームの人気ゲーム多数を開発し、その中にはFruit Ninja、Jetpack Joyride、Fish Out Of Waterなどがある。詳細はウェブサイトwww.halfbrick.com を参照するか、以下でフォローを。
Twitter( (リンク ») )
YouTube( (リンク ») )
Facebook( (リンク ») )

▽Hilbernum Creationsについて
Hilbernumは2005年に創設され、ゲーム開発、アニメーション、ビジュアルエフェクト開発を専門とし、Amazon、Lego、Disney、Cartoon Network、Halfbrick、Mattel、DeNA、Woogaなどのクロスプラットフォーム・ゲームを開発する。最近のプロジェクトには、Bruce Lee: Enter the Game(C)、Cupcake Carnival(C)、Saber's Edge(C)、Globlins(C)、Calling All Mixels(C)、LEGO City: My City(C)、Disney Infinity: Action(C)、Jewel Quest(C)、Pearl's Peril(C)などがある。詳細はウェブサイトwww.hibernum.com を参照するか、以下でフォローを。
Facebook( (リンク ») )
Twitter( (リンク ») )

▽問い合わせ先
Naomie De Francesco
ndefrancesco@hibernum.com
Phone number: +1-514-519-0440

ソース:Hibernum Creations

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]