編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JV150国内販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング

From: 共同通信PRワイヤー

2015-03-03 15:10

2015年3月3日

株式会社ミマキエンジニアリング

ソルベントインク搭載ワイドフォーマットインクジェットプリンタ
JV150国内販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/小林 久之)は、屋内外の装飾、ポスター、店舗やイベントの装飾、車両ラッピング等、幅広い用途でお使いいただけ、ソルベントインク、水性昇華インクが選択可能なインクジェットプリンタ「JV150-130/160」の国内販売を2015年4月より販売開始いたします。本製品は日本以外の地域で2014年10月から先行して販売しております。

「JV150」は、作図範囲の違いで1.3mか1.6mをお選びいただけるRoll to Rollインクジェットプリンタです。これまで当社が培った技術を集め、画質の美しさはもちろん、乾燥性の良いSS21インクを搭載することで最速56.2m2/h(※1)のプリント速度を実現しました。高画質を実現する画質コントロール技術、 仕事を止めない連続運転ソリューションを搭載し、美しいプリントを継続して生産できます。さらに、SS21インクはC,M,Y,K,Lc,Lmに加えオレンジ(Or)、ライトブラック(Lk)の2色が選択可能です。オレンジインクは幅広い色域による色表現、ライトブラックでは美しいモノクロのグラデーション表現とそれぞれの特長を活かした高付加価値プリントをご提供いたします。また、水性昇華インクSb53を選択していただくことで昇華転写プリントによるソフトサイン等の製作にもご使用いただけます。

※1:バナー専用Super Draft Mode 360×360dpi、1Pass、Biでプリントした場合


概要
●高画質を実現する画質コントロール技術
 ・高画質を実現する『波形コントロール』
 ・プリント品質を安定させる『MAPS3』
 ・当社特許『3Wayインテリジェントヒーター』
●「仕事を止めない」連続運転ソリューション
 ・自動でノズル抜けを検出する『NCU(Nozzle Check Unit)』
 ・ノズルのトラブルに対応する『NRS(Nozzle Recovery System)』
●高付加価値を実現するオレンジ/ライトブラックインク
 ・『SS21』インクでオレンジ、ライトブラックを搭載可能

製品ページ
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]