編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォーラムエイト、「携帯端末を用いた 運転シミュレーション装置及び同プログラム」の特許取得

株式会社フォーラムエイト

From: 共同通信PRワイヤー

2015-03-06 22:00

2015年3月6日

株式会社フォーラムエイト

フォーラムエイト、「携帯端末を用いた運転シミュレーション装置及び同プログラム」の特許取得

株式会社フォーラムエイト(東京都港区港南2-15-1 代表取締役社長 伊藤裕二 URL: (リンク ») )は、2015年2月27日、携帯端末を用いた運転シミュレーション装置及び同プログラムにについて基本的な特許を取得しました。
 本特許は、サーバと接続したクラウド環境におけるドライビングシミュレーションにおいて、ジャイロセンサーや加速度センサーを利用したタブレット等のモバイル端末でのシミュレーション実行時、センサーの検出値からドライバーの意図、心理、行動を予測し、ステアリング操作をアシストする技術です。2012年12月7日に取得済みの「運転シミュレーションにおいてキーボードによるマニュアル操作を実現する技術」に続いて、VR-Cloud(R)におけるシミュレーションの操作方法について取得しています。
 VR-Cloud(R)はクラウドサーバ上で3D・VRを利用する合意形成ソリューションで、一般的なPCおよびAndoroid端末に対応。インターネット環境さえあれば、スマートフォンやタブレットなどのシンクライアントでもWebブラウザでVR空間を操作できます。この他、VR-Cloud(R)関連技術では「a3S(Anything as a Service)クラウド伝送ライブラリ」(2013年9月20日)、クラウド管理システム(2013年10月25日)、3D・VRの情報共有・同期処理(2014年1月24日)について特許を取得しており、3件 の出願中特許があります。
 VR-Cloud(R)については開発キット(SDK)も提供しており、これを活用したクラウドアプリのプログラミング技術を競うコ ンペティションとして「CPWC 学生クラウドプログラミングワールドカップ」が開催されています。

【本特許の概要】■特願:2013-145512 ■特許取得日:2015年2月27日 ■発明の名称:携帯端末を用いた運転シミュレーション装置及び運転シミュレーションプログラム

【関連製品・情報】
▼VR-Cloud(R) Ver.6
(リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]