編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新日鉄住金 鉄道車両用アクティブサスペンションが北陸新幹線グランクラスに採用

新日鐵住金株式会社

From: Digital PR Platform

2015-03-10 11:35


新日鐵住金株式会社(代表取締役社長:進藤孝生 以下、「当社」)の鉄道車両用アクティブサスペンション(動揺防止制御装置)が、本年3月14日(土)より東日本旅客鉄道・西日本旅客鉄道が運行を開始する北陸新幹線のグランクラスに採用されています。また、当社のレールや車輪、車軸、中央締結ブレーキディスク、駆動装置、台車、連結器なども採用いただいております。

アクティブサスペンションは、車体に備えられた加速度計(センサ)で車体の横揺れを検知し、振動とは逆方向の力をアクチュエータより発生させ、振動を打ち消すようにコンピュータで制御する仕組みとなっています。これにより鉄道車両の横揺れを低減させ、ワンランク上の乗り心地を実現させています。

アクティブサスペンションは、2001年に営業車として世界で初めて東北新幹線E2系(はやて、やまびこ) に搭載されて以来、東日本旅客鉄道、京成電鉄、小田急電鉄等の特急車、最近では近畿日本鉄道の観光特急「しまかぜ」や九州旅客鉄道の「ななつ星 in 九州」にも採用され、その乗り心地を高く評価いただいています。

新日鐵住金の鉄道車両品は、今後もより安全で快適な乗り心地を実現し、世界の鉄道の発展に貢献してまいります。

写真提供:東日本旅客鉄道株式会社

【お問い合わせ先】
総務部広報センター 03-6867-2977

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]