第03回2要素認証とは? トークンデバイスは物理的に持つべき

ディーアイエスソリューション株式会社 2015年05月15日

株式会社ディーアイエスソリューション(DSol)はコラム「第03回2要素認証とは? トークンデバイスは物理的に持つべき?」を公開しました

###
はじめに
最近もパスワード使いまわしによる事件が多発しています。

固定パスワードが抱えるジレンマとして、プライベートで使っているパスワードと同じパスワードを業務システムで使っていたり、ブラウザにパスワードを保存していたり、液晶モニターにメモを貼りつけているなど、多くの企業がパスワード管理に悩まれていると思います。

特に社外から社内にリモートでアクセスするVPN機器にログインする時のID、パスワードについては、第3者が社内に接続されるリスクもあり、セキュリティの観点から単純なIDとパスワードだけでなく、2要素認証としてセキュリティを高めることが理想です。

2要素認証とは2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザ認証方式のことで、
一般的には
①ユーザが 知っていること
②ユーザが 所有しているもの
③ユーザ自身の 特性
の3種類のうち、2 つを使用してユーザを認証するプロセスになります。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]