編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編

ヒューマンリソシア株式会社

2015-07-08 09:00

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Standard PHP Library(SPL) SplFileObjectクラス編」を公開しました。
###

Directoryが出てきたら次はfileでしょ、ということで、SplFileObjectクラスのお話を少ししていきたいと思います。
SplFileObjectクラスのインスタンスは以下のように作成が可能です、ってところをまず押さえておきましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名(文字列));

では、例えば「1行づつデータを取得していく」ようなプログラムを、
SplFileObjectクラスを使って書いてみましょう。

$file_obj = new SplFileObject(ファイル名);
$awk = [];
//$awk = array(); //

古いバージョンのPHPの場合はこちらで
while(false === $file_obj->eof()) {
$awk[] = $file_obj->fgets();
}
var_dump($awk);

これだけだと「file関数でいいじゃん」となるのですが、調査用サンプルなのでそのあたりはお目こぼしのほどを。
さて…このコードですが。
ぶっちゃた所、以下とあんまり変わりがなさそうに見えます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]