Vodafoneが4年連続してM2Mランキングで1位を獲得

Vodafone 2015年07月07日

From 共同通信PRワイヤー

Vodafoneが4年連続してM2Mランキングで1位を獲得

AsiaNet 61081

Vodafoneが4年連続してM2Mランキングで1位を獲得

【シンガポール2015年7月7日PRN】Vodafoneは、英国本社の調査会社であるAnalysys Masonの独自調査で4年連続して最高のマシンツーマシン(M2M)通信サービス・プロバイダーに選ばれた。

Analysys Mason M2M Scorecardでは、世界をリードするM2M通信サービス・プロバイダーの特性および能力に関する綿密な独自分析を提供している。プロバイダーは規模と実行、技術的な実現可能性の他、顧客サポート、アフターセール・サポートなど5つの部門でランク付けされる。Vodafoneはすべての5部門でナンバーワンとランク付けされた唯一のプロバイダーであり、Analysys Masonが2011年にM2M Scorecardを開始して以来、年間調査で毎回、世界リーダーに選ばれてきた。

Analysys Masonのモーガン・マルーリー氏は「最高水準のM2Mサービスを提供するグローバル・オペレーターは数少ないために、優れたオペレーターを見つけるのは極めて難しかった。Vodafoneは最多の接続数を管理しており、これは疑いなく最大規模・実行の水準である。さらに同社はいくつかある特性の中でも、提携関係、ネットワーク能力、明確なビジョンにおいてトップの位置づけにある。」と語った。

VodafoneのM2M事業部門長であるエリック・ブレナイス氏は「当社の戦略、ビジョン、展開規模によって当社が4年連続という新記録で、ポールポジションを獲得できたことをうれしく思う」と語った。

M2M Scorecardは以下のウェブサイトからダウンロード可能です。 (リンク »)

詳細な情報は以下まで問い合わせ下さい。

(日本語リリース:クライアント提供)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]