AWSのネットワーク-メールサーバ運用上の注意点-

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2015年09月07日

CTC教育サービスはコラム「AWSのネットワーク-メールサーバ運用上の注意点- 」を公開しました。

###
今回のテーマはAWS上でメールサーバを運用する場合の注意点です。「欲しいときにサーバがすぐ用意できる」「費用は使っただけかかる」というのがAWSをはじめとするIaaSのメリットですが、それゆえにスパムメール送信に利用されるケースが増えているようです。そのため、EC2からメールを送信すると、一部分の宛先(メールサーバ)では、スパムメール扱いされ、受信拒否されたり迷惑メールフォルダに振り分けられたりする事があります。このような事態を避けるための対策を解説します。

1.EIPがブラックリストに登録されている場合がある
 EIPを新規に取得した際に、そのEIPが過去にスパムメールの送信に使用され、ブラックリストに登録されていた、というケースがあります(※1)。事前にEIPがブラックリストに登録されていないかチェックをしておく必要があります。

私は主に以下のサイトでチェックをしています。ご参考までに。
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

※1:ブラックリストには/24などIPレンジで登録されるタイプのものもあり、そのEIP自体はスパムメール送信に使用されていなくても、ブラックリストに含まれてしまう場合があります。

2.EIPの逆引き設定
 メールサーバによってはDNS逆引き設定がない、正逆一致しない場合などにSMTP接続を拒否するケースがあります。また逆引きの結果(ドメイン)で拒否するケースもあるようです(※2)。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]