編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ハイセンスが大規模事業拡大:米国シャープを買収

ハイセンス

From: 共同通信PRワイヤー

2015-08-03 11:10

ハイセンスが大規模事業拡大:米国シャープを買収

AsiaNet 61368 (0988)

【青島(中国)2015年7月31日PRN=共同通信IBN】ハイセンス(Hisense)グループとシャープは7月31日、ハイセンスがメキシコにあるシャープのテレビ製造工場のすべての株式と資産を2370万ドルで買収することで合意した、と発表した。買収対象には南北米州地域における「Sharp」ブランドの使用権とシャープが保有するすべてのチャンネルリソースも含まれる。今回の買収でハイセンスは対象地域におけるシャープのテレビ事業すべてを入手することになる。

シャープは1912年創業、LCDテレビの父として知られている。買収は、拡大する南北米州の市場キャパシティーでハイセンスが優位に立つことに寄与する。ハイセンスはこの地域で20億ドル程度の増収が見込まれる。

詳細は8月4日に開かれるハイセンスの記者会見で明らかにされる。

より詳しい情報は:
Andy Wang
+86-532-80878595

Photo - (リンク »)

ソース:Hisense

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]