Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「helper」は本社の助っ人

ヒューマンリソシア株式会社 2015年10月05日

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「helper」は本社の助っ人」を公開しました。

###
こんにちは。
アラサー経験ゼロからWebエンジニアになった野呂です。

9コラム目です。前回までで電気信号の流れを”銀行”の通常業務の流れにひと通り例えてきました。
今回は、通常業務の”縁の下の力持ち”の本社の助っ人「helper」について、その仕組みと使い方を解説します。

まず最初に、本社の助っ人「helper」とは何かについて解説し、その仕組みと使い方をお伝えします。

Ruby on Rails を活用したWebアプリケーション開発ができるようになりたい初学者の人の”学びの加速”につながりますと幸いです。

■本社の助っ人「helper」とは

Ruby on Railsの処理の流れは、基本的に以下の通りです。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヒューマンリソシア株式会社の関連情報

ヒューマンリソシア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]