編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

仮想化で出来ないと思われていること

Human Resocia Co.,Ltd.

2016-01-06 09:00

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「仮想化で出来ないと思われていること」を公開しました。
###
今まで、もし仮想化してこなかったとすると、これからお話しすることのどれかに当てはまっているのではないでしょうか。おそらくその全ての解決策は既に実現可能です。今回の内容を読んでいただき、本当に仮想化しないほうが良いのかを改めて考えてみていただくきっかけとしていただければと思います。

1.性能が出ない
仮想化をしていらっしゃらない方の中で、多く聞かれる「仮想化しない理由」は、性能が劣化するからということです。テストや開発用には仮想化は適しているが、本番環境やデータベースサーバーは、性能が劣化するので仮想化には向いていないだろうとの判断をされている場合がよくあります。もちろん、1つのハードウェアを複数の仮想マシンで共有している以上、少なからずオーバヘッドは存在します。これを性能劣化と呼ぶのであれば、きっと性能劣化でしょう。しかしながら、その性能劣化の度合いというのは、どれくらいのもので、どんなサイジングをしていた場合なのかを今一度考えてみていただきたいと思います。

たとえば、物理サーバー環境と同一のスペックを割り当てた仮想マシンでは、どの程度性能が違うのでしょうか。下記はOracleデータベースを使った性能比較結果です。ご覧のとおり、10%に満たない程度の劣化しか発生していません。仮想化のメリットに比べれば、非常に少ないといえるでしょう。仮想化が多く利用されてきた理由の1つに、性能的な面がクリアされて、ミッションクリティカル系のアプリケーションでも採用されてきているということがあります。メールやデータベースといった高負荷なアプリケーションであっても、仮想化済みの御客様は既に半分程度いらっしゃいます。いまや性能については、仮想化しない理由にはならないぐらいになっているのです。

Vol.2_画像1

また、性能の劣化というのは、サイジングによっても大きく変わります。安全率を考慮しすぎては、余裕のある構成になりすぎてしまいますし、アグレッシブなサイジングでは、性能劣化が発生します。このバランスによって、性能は左右されることになります。この点については、次の項でお話しします。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]