編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

スマートフォンアクセサリーメーカー株式会社iQLaboは、スマートフォン&タブレット用小型ポータブルチャージャー『CulCharge PowerBank 3-in-1』の発売を発表。

株式会社アイキューラボ

From: DreamNews

2016-02-15 17:00


■ラスベガスで開催された世界最大の展示会『2016 International CES』にも出展された注目のアイテム!
『CulCharge』は世界最大のクラウドファンディングサイトといわれる『IndieGoGo』上でスロバキアとしては初となるクラウドファンディングでの資金調達を成功させた会社です。
スマートフォンアクセサリーメーカー株式会社iQLaboは、この『CulCharge』の日本正規代理店として、販売を展開します。

今年の1月にラスベガスで開催されたコンシューマ・エレクトロニクス分野では世界最大の見本市といわれる『2016 International CES』にも出展された、大変注目のアイテムです。
■ただの小型モバイルバッテリーじゃない!? 注目は、1台で3役をこなすその万能性!
『CulCharge』の魅力は何と言っても、持ち運びに大変便利なそのコンパクトなサイズです。
世界最小クラスとも言われるその大きさは約5.5センチ。
例えるなら、クレジットカードの3分の2程度の大きさ。
車のカギ等のキーホルダーとして持ち運ぶにもピッタリで、どこに行くにもかさばらない携帯性。

それだけでも魅力的な商品だが、この『CulCharge』のさらなる魅力は、1台で3役をこなすその万能性にある。

1台で、「モバイルバッテリー」、「データ転送ケーブル」、「充電ケーブル」の3つの機能がセットで付いているのだ。

緊急時の、スマートフォンの充電に。容量は1,000mAhで、夕方にスマートフォンを充電したい時にちょうど良い容量です。
折りたたんでいる部分を開くと、USB端子が出てくる仕様となっている。これにより、パソコンに繋いで、データの転送が行える。
そしてバッテリー残量がなくても、パソコンやUSBアダプタからの給電が可能。
『CulCharge』1台で、困った時の充電の悩みもすんなりと解決してしまう優れものとなっている。
その小型サイズ感と併せて、手軽で便利なアイテムとして注目される。

【商品仕様】
バッテリー容量:1,000mAh
サイズ(USB折りたたみ時):55×30×20mm
出力:5V1A
コネクタ(2種類のモデル):Lightning Mfi / MicroUSB 

【販売価格】
CulCharge PowerBank 3-in-1(Lightning Mfi版):¥4,980(税込価格)
CulCharge PowerBank 3-in-1(MicroUSB版):¥3,980(税込価格)

■■■ 本件に関するお問合せ先 ■■■
●株式会社アイキューラボ スマートフォン事業部 担当:佐藤
E-mail:satoo@iqlabo.com

●輸入元情報
社  名: 株式会社アイキューラボ
本  社: 〒460-0011名古屋市中区大須三丁目30番40号 万松寺ビル9F
電  話: 052-269-3233
代 表 者: 代表取締役 丸山 和之
設  立: 2007年6月


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]