日本工業大学の生活デザイン学科が飯舘村長より感謝状 -- 復興に伴う授業を実施

日本工業大学 2016年03月09日

From Digital PR Platform


日本工業大学の生活デザイン学科に福島県相馬郡飯舘村長より感謝状が贈られた。


 2011年3月11日に発生した東日本大震災での原子力災害により全村避難となった福島県飯舘村の再興計画に伴い、生活環境デザイン学科・瀬戸眞弓教授の「福祉空間の設計1」で、飯舘村『集会所の設計』がテーマに取り上げられ、授業が行われた。

 2月7日に開催された「いいたて村民ふれあい集会」に同大生活環境デザイン学科の代表2名が招かれ、作品のプレゼンテーションや授業の様子をスライドで紹介し、飯舘村長より感謝状が贈られた。

【参考】
■飯舘村HP
  (リンク »)
■日本工業大学関連ページ
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 日本工業大学 総務部広報室
 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
 TEL: 0480-33-7519
 FAX: 0480-33-7525
 E-mail: kouhou@nit.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]